[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
詐欺師の誤算  著:笹倉明 小説

詐欺師の誤算  著:笹倉明

返済の約束は再三にわたって破られたが、その日には間違いなく入金される予定であった。 銀行に入金を確かめるため、玄関を出ようとしたその時、電話が鳴った。 受話器をとると、その男は「警視庁の者」だと名乗り、金を貸している「相手の名前」を告げ、「...
あの魔女を殺せ  著:市川哲也 小説

あの魔女を殺せ  著:市川哲也

グロテスクな生(いき)人形の作り手として、賛辞を集める常世三姉妹。 彼女たちの人形にはまるで人の魂が宿っているかのような迫力があり、世界中の好事家を魅了していたが、一方でその人形作りについて黒い噂が囁かれていた。 三姉妹の新作発表の場に立ち...
ジューンドロップ  著:夢野寧子 小説

ジューンドロップ  著:夢野寧子

わたしたちには家族をめぐる秘密がある。 母の不妊治療の失敗、凶暴な白い光と共に襲ってくる片頭痛。 しずくとタマキは、持て余した心を抱えて縛られ地蔵に会いに行く。 傷つき、傷つけ、思いあう。 痛切な家族の愛を描く。 第66回群像新人文学賞受賞...
星合う夜の失せもの探し 秋葉図書館の四季  著:森谷明子 小説

星合う夜の失せもの探し 秋葉図書館の四季  著:森谷明子

れんげ野原の中にある秋葉図書館には名探偵ばりの司書がいる。 曾祖母の残した開かずの文箱、失踪したブックカフェの猫、図書館開設準備中に発覚した旧家の秘密。 そんな謎を抱える利用者を、誰もが知る古典や名作や、知る人ぞ知る本をそっと差し出して、解...
溺れながら、蹴りつけろ  著:水瀬さら 小説

溺れながら、蹴りつけろ  著:水瀬さら

「本が好き」という趣味を通じて仲良くなった小学六年の高月麗と澤口比呂。 麗は澤口の提案でウェブ小説の投稿を始め、「好きなこと」に没頭する楽しさを感じていた。 しかし、一軍女子の冷やかしがきっかけで、麗は澤口の前で「あんなキモいヤツ」と悪口を...
藍色時刻の君たちは  著:前川ほまれ 小説

藍色時刻の君たちは  著:前川ほまれ

2010年10月。 宮城県の港町に暮らす高校2年生の小羽は、統合失調症を患う母を抱え、介護と家事に忙殺されていた。 彼女の鬱屈した感情は、同級生である、双極性障害の祖母を介護する航平と、アルコール依存症の母と幼い弟の面倒を見る凛子にしか理解...
前の家族  著:青山七恵 小説

前の家族  著:青山七恵

その物件、購入して大丈夫ですか? 賃貸に住み家賃を払い続けるのか、ローンを組んで終の棲家となるマンションを購入するのか、決断一つで人生の転機が訪れる。 「借金をして家を買おう」 37歳、独身、小説家・猪瀬藍は、中古マンションの購入を決意。 ...
出会うときにはいつも見知らぬ私たち  著:本山冬空 小説

出会うときにはいつも見知らぬ私たち  著:本山冬空

山深い村に住む天涯孤独な女性、ツバキ。 大学で民俗学を専攻する学生、エノキ・カオリ。 絶滅種の復活に携わる生物学者、ヒサギ・エナ。 彼女たちは、小さな悩みや不満を抱えながらも、平凡な日々を過ごしていた。 しかし、そんな日常は、ふとしたきっか...
ミドルノート  著:朝比奈あすか 小説

ミドルノート  著:朝比奈あすか

ひと振りの香水で 明日のわたし、もっと輝く。 食品会社同期でワーキングマザーの菜々と愛美。 アロマデザイナーに転身した元同期の麻衣。 菜々たちと同い歳の派遣社員・彩子。 働くスタイルや活躍の場が異なる四人のアラサー女性は、新型肺炎が蔓延し、...
好きです、死んでください  著:中村あき 小説

好きです、死んでください  著:中村あき

無人島のコテージに滞在する男女の恋模様を放送する、恋愛リアリティーショー「クローズド・カップル」の撮影が始まった。 俳優、小説家、グラビアアイドルなど、様々な業種から集められた出演者は交流を深めていくが、撮影期間中に出演者である人気女優・松...
ここでは誰もが嘘をつく  著:嶋中潤 小説

ここでは誰もが嘘をつく  著:嶋中潤

函館にある医療刑務所分院に勤める金子由衣は、2年目の矯正医官。 医療刑務所では、患者である受刑者の平均年齢も高く、凶悪な罪を犯した者も基礎疾患などを抱え医師の助けを必要としている。 一方で不調を訴え刑務作業逃れをしようとする者も多い。 受刑...
素敵な圧迫  著:呉勝浩 小説

素敵な圧迫  著:呉勝浩

「ぴったりくる隙間」を追い求める広美は、ひとりの男に目を奪われた。 あの男に抱きしめられたなら、どんなに気持ちいいだろう。 広美の執着は加速し、男の人生を蝕んでいく。 (「素敵な圧迫」) 交番巡査のモルオは落書き事件の対応に迫られていた。 ...
黒い糸  著:染井為人 小説

黒い糸  著:染井為人

千葉県の結婚相談所でアドバイザーとして働くシングルマザーの平山亜紀は、顧客とトラブルを起こして以来、無言電話などの嫌がらせに苦しめられている。 亜紀の息子・小太郎が通う小学校の六年二組でも、クラスメイトの女児が失踪する事件が起きていた。 事...
月夜行路  著:秋吉理香子 小説

月夜行路  著:秋吉理香子

わたしは誕生日すら祝ってもらえない。 冷えきった夫との関係や子どもとの生活に孤独感を募らせていた沢辻涼子は、我慢の糸が切れたある日、家出を決行する。 飛び出した夜の街で出会ったのは、洞察力と推理力に優れた美しいBARのママ、野宮ルナ。 ルナ...
彼女たちのいる風景  著:水野梓 小説

彼女たちのいる風景  著:水野梓

私たち、三十八歳。 全てが順風満帆にすすんでいる、はずだった。 出産によってマミートラックに追いやられてしまった凛。 シングルマザーとして、発達障害の子供を抱え貧困から抜け出せずにいる響子。 週刊誌のサブデスクにまで昇進しながらも、不妊治療...
あの光  著:香月夕花 小説

あの光  著:香月夕花

ハウスクリーニングサービスで働く高岡紅は、丁寧な仕事と気配りで依頼人からリピート指名が入るほど信頼を得ていた。 だが、入社当時からさほど変わらぬ待遇や問題の多い部下に腐心する日々に疑問を抱いていた。 そんな折、母・奈津子から独立を後押しされ...
どうしようもなく辛かったよ  著:朝霧咲 小説

どうしようもなく辛かったよ  著:朝霧咲

「特別になりたい」と願う中学生の若菜は、日々、バレー部での練習に明け暮れていた。 しかし三年生になると、顧問の異動によってチームは大きく動揺してしまう。 若菜の「ある提案」によって落ち着きを取り戻したチームは、最後の大会へ向かうのだが。 夏...
最愛の  著:上田岳弘 小説

最愛の  著:上田岳弘

「約束して。私のことは跡形もなく忘れる、と。」 久島は、情報も欲望もそつなく処理する「血も涙もない的確な現代人」として日常を生きている。 だが、学生時代に手紙を交わしつづけた望未だけが、人生唯一の愛として、いまだ心を離れない。 望未は手紙の...
ヨルノヒカリ  著:畑野智美 小説

ヨルノヒカリ  著:畑野智美

いとや手芸用品店を営む木綿子は、35歳になった今も恋人がいたことがない。 台風の日に従業員募集の張り紙を見て、住み込みで働くことになった28歳の光は、母親が家を出て以来“普通の生活”をしたことがない。 そんな男女2人がひとつ屋根の下で暮らし...
でぃすぺる  著:今村昌弘 小説

でぃすぺる  著:今村昌弘

小学校最後の夏休みが終わった。 小学校卒業まであと半年。 ユースケは、自分のオカルト趣味を壁新聞作りに注ぎ込むため、“掲示係”に立候補する。 この地味で面倒だと思われている掲示係の人気は低い。 これで思う存分怖い話を壁新聞に書ける! はずだ...
日曜劇場 VIVANT(下)  著:福澤克雄 小説

日曜劇場 VIVANT(下)  著:福澤克雄

乃木憂助は、野崎たち公安を利用しながら日本を最終標的にしているというテロ組織・テントを追っていた。 その途中で、テントの指導者が誰なのか、その正体に気づいてしまう。 葛藤を抱えたまま、『別班』はついに標準を定めた。 それぞれの正義が交差し、...
逆転美人  著:藤崎翔 小説

逆転美人  著:藤崎翔

「私は報道されている通り、美人に該当する人間です。でもそれが私の人生に不幸を招き続けているのです。」 飛び抜けた美人であるせいで不幸ばかりの人生を歩むシングルマザーの香織(仮名) 娘の学校の教師に襲われた事件が報道されたのを機に、手記『逆転...
日曜劇場 VIVANT(上)  著:福澤克雄 小説

日曜劇場 VIVANT(上)  著:福澤克雄

「いいか。どんな手を使ってもいい。一か月以内に九千万ドルを取り返せ!」 大手商社勤めの乃木憂助は、ある日勃発した誤送金事件解決のため、中央アジアの小国、バルカ共和国に向かう。 己の全てを掛けて大金を追ううちに見えてきたのは、世界中で暗躍する...
ミナヅキトウカの思考実験  著:佐月実 小説

ミナヅキトウカの思考実験  著:佐月実

水崎大学数学科に通う神前裕人は、ひょんなことから殺人事件の現場に遭遇。 被疑者として警察署に連行されてしまう。 嫌疑をかけられたままの状態に不安を感じた裕人は、刑事の促しに応じる形で、自身が通う大学の怪異研究会に足を運ぶことに。 そこでオカ...
水面の花火と君の嘘  著:水瀬さら 小説

水面の花火と君の嘘  著:水瀬さら

大学1年生の早瀬瑞希は、久しぶりに帰郷する。 温かく迎えてくれる旧友に囲まれる瑞希だったが、彼には4年間抱き続ける後悔があった。 それは幼馴染の夏帆、大好きだった兄・千尋と三人で交わし、果たされなかったある約束。 あの日、自分が素直であれば...
サクラサク、サクラチル  著:辻堂ゆめ 小説

サクラサク、サクラチル  著:辻堂ゆめ

“絶対に東大合格しなさい” それは愛、だったのだろうか。 両親の熱烈な期待に応えるため、高校三年生の染野高志は勉強漬けの日々を送っていた。 ある日高志はクラスメートの星という少女から、自身をとりまく異常な教育環境を「虐待」だと指摘される。 ...
青春をクビになって  著:額賀澪 小説

青春をクビになって  著:額賀澪

瀬川朝彦、35歳。 無給のポスト・ドクターである。 学生時代に魅了された古事記の研究に青春を賭してきたが、教授職など夢のまた夢。 契約期間の限られた講師として大学間を渡り歩く不安定な毎日だ。 古事記への愛は変わらないが、今や講師の座すら危う...
ちぎれた鎖と光の切れ端  著:荒木あかね 小説

ちぎれた鎖と光の切れ端  著:荒木あかね

あの「悪夢」から抜け出るためには、一度、世界を壊さなければいけなかった。 2020年8月4日。 島原湾に浮かぶ孤島、徒島にある海上コテージに集まった8人の男女。 その一人、樋藤清嗣は自分以外の客を全員殺すつもりでいた。 先輩の無念を晴らすた...
あなたに心はありますか?  著:一本木透 小説

あなたに心はありますか?  著:一本木透

東央大工学部特任教授・胡桃沢宙太は、交通事故で家族を失い、自身も半身に瑕疵を負って車椅子生活を余儀なくされている。 彼はAIロボットに心を持たせるべく、盟友の二ツ木教授と産学官共同の巨大研究開発プロジェクトを立ち上げ、世間の耳目を集めていた...
無年金者ちとせの告白  著:西尾潤 小説

無年金者ちとせの告白  著:西尾潤

高齢期のパート職員が必死に働く坂田パーキングエリア。 年金も医療保険もない梨元ちとせも、引きこもりの息子と暮らす古田中栄も、老骨に鞭打って働き続けるしかない。 駐車場には、猫と暮らす老人、子連れのシングルマザー、認知症の母を介護する男などが...