ホヅミ先生と茉莉くんと。  著:葉月文ライトノベル

ホヅミ先生と茉莉くんと。  著:葉月文

デビューからはや六年。 未だに重版未経験の売れない作家、ホヅミこと空束朔はスランプに陥っていた。 渾身の原稿は全ボツになり、売れ線のラブコメを書いてみないかと担当編集に勧められ...
扇物語  著:西尾維新小説

扇物語  著:西尾維新

“洒落にならない化物でして。吸血鬼さえ、敵ではないほどの” 友人の食飼命日子に彼氏との仲違いを相談された阿良々木暦。 自身も戦場ヶ原ひたぎから別れを告げられたばかりだった・・・...
僕たちはまだ恋を知らない ~初恋実験モジュールでの共同生活365日~  著:鶏卵うどんライトノベル

僕たちはまだ恋を知らない ~初恋実験モジュールでの共同生活365日~  著:鶏卵うどん

北海道の原野に設置された第18極地用居住モジュール。 6人の学生だけで共同生活をさせる実験が開始された。 参加者は入学金、授業料が無料の上、希望大学への進学が約束される。 ...
久遠の檻  著:知念実希人小説

久遠の檻  著:知念実希人

かつてアイドルとして芸能活動をしていた少女、楯石希津奈。 十五年以上の時を経て、彼女がまったく同じ容姿で現れたことに驚いた精神科部長の墨田淳子は、統括診断部の天久鷹央に診察を依頼する...
私のほうが先に好きだったので。  著:佐野しなのライトノベル

私のほうが先に好きだったので。  著:佐野しなの

胃が痛いほど、ガチでマジ。 青春×泥沼×三角関係。 恋も、青春も、正解なんてない。 好きな人から自分を好きだっていう人を紹介されたら、どうする? 間違いだらけの青春...
国宝  著:吉田修一小説

国宝  著:吉田修一

1964年元旦、長崎は老舗料亭「花丸」 侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、この国の宝となる役者は生まれた。 男の名は、立花喜久雄。 任侠の一門に生まれながらも、この世...
灰原くんの強くて青春ニューゲーム  著:雨宮和希ライトノベル

灰原くんの強くて青春ニューゲーム  著:雨宮和希

高校デビューに失敗し、灰色の高校時代を経て大学4年となった青年・灰原夏希。 社会人目前だった彼はある日突然、7年前、高校入学直前まで時を遡っていた! 後悔しかなかった高校生活の...
死にたくなったら電話して  著:李龍徳小説

死にたくなったら電話して  著:李龍徳

「死にたくなったら電話してください。いつでも・・・」 空っぽの日々を生きてきた男は、女が語る悪意に溺れていく。 破滅の至福へと扇動される衝撃作。 全選考員が絶賛した、第5...
カーストクラッシャー月村くん  著:高野小鹿ライトノベル

カーストクラッシャー月村くん  著:高野小鹿

月村響、高校2年生。 彼は、カーストトップに君臨する超絶リア充である。 彼の周りには同じく飛び抜けた存在である友人達がいつも側にいた。 雑誌の専属モデルを務め、常に響に寄...
余命10年  著:小坂流加小説

余命10年  著:小坂流加

20歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。 笑顔でいなければ周りが追いつめられる。 何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。 ...
キミの青春、私のキスはいらないの?  著:うさぎやすぽんライトノベル

キミの青春、私のキスはいらないの?  著:うさぎやすぽん

高校生にもなってキスしたことないって病気じゃない? 完璧主義者を自負し、医師を志す俺、黒木光太郎は苦悩していた。 そんなときに出会ったのは「誰とでもキスする女」と噂される同級生...
嘘をもうひとつだけ  著:東野圭吾小説

嘘をもうひとつだけ  著:東野圭吾

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。 事件は自殺で処理の方向に向かっている。 だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやっ...
ひだまりで彼女はたまに笑う。  著:高橋徹ライトノベル

ひだまりで彼女はたまに笑う。  著:高橋徹

高校生活初日の朝、佐久間伊織は銀髪碧眼の少女と猫が相対している場面に遭遇する。 近づく猫に対して困惑気味の少女が発する言葉は。 「こ、こっちに来ちゃだめにゃー」 思わぬセ...
愛の不死鳥  著:末廣圭小説

愛の不死鳥  著:末廣圭

多忙な仕事を隠れ蓑に酒、女に費やす時間の多かった川奈は、引退後、妻に対する懴悔の気持ちを深くしていた。 白髪の混じり始めた男の肉が役立たない。 思い立って、連絡を取ったのは、馴...
君は初恋の人、の娘  著:機村械人ライトノベル

君は初恋の人、の娘  著:機村械人

「・・・よければ、お礼がしたいです」 社会人として充実した日々を送る釘山一悟は、酔っ払いから女子高生ルナを助ける。 彼女は生き別れた初恋相手の朔良とそっくりな姿だった。 ...
欲しい  著:永井するみ小説

欲しい  著:永井するみ

人材派遣会社を営む紀ノ川由希子は42歳、独身。 恋人には妻子がいる。 愛しているのに、会えば会うほど飢えていく。 そんな心の隙間を埋めるため、逢瀬の後はいつも派遣ホストを...
演距離カノジョの比奈森さん クラスメイトの彼氏役はじめました  著:恵比須清司ライトノベル

演距離カノジョの比奈森さん クラスメイトの彼氏役はじめました  著:恵比須清司

「鳴瀬くん、もっとギュッとしてもいいかな?」 比奈森さんが甘えるように俺に抱き着いてくる。 優しくて、飾らない美少女で。 「次、鳴瀬くんの台詞だよ?」 俺の彼女役、...
国道沿いのファミレス  著:畑野智美小説

国道沿いのファミレス  著:畑野智美

佐藤善幸、外食チェーンの正社員。 身に覚えのない女性問題が原因で左遷された先は、6年半一度も帰っていなかった故郷の町にある店舗だった。 淡々と過ごそうとする善幸だが、癖のある同...
赤と青とエスキース  著:青山美智子小説

赤と青とエスキース  著:青山美智子

メルボルンの若手画家が描いた一枚の「絵画」 日本へ渡って三十数年、その絵画は「ふたり」の間に奇跡を紡いでいく。 一枚の「絵画」をめぐる、五つの「愛」の物語。 彼らの想いが...
濡れ蜜の村  著:橘真児小説

濡れ蜜の村  著:橘真児

淀川幾太は大学を卒業後、故郷の山村に戻り役場の職員となった。 田舎暮らしは嫌ではないが、異性と知り合う機会が少ないのが悩みだった。 そんなある日、職場の先輩で人妻の沙知子から、...
明日、君が死ぬことを僕だけが知っていた  著:加賀美真也小説

明日、君が死ぬことを僕だけが知っていた  著:加賀美真也

「僕は小説家にはなれない・・・」 事故がきっかけで予知夢を見るようになった公平は、自身の夢が叶わない未来を知り無気力な人間となっていた。 そんなある日、彼はクラスの人気者・愛梨...
色のない世界で、君と  著:榊あおい小説

色のない世界で、君と  著:榊あおい

世界がすべてモノクロに見える「モノクローム症候群」の少女・柑奈は転校先でも馴染めずにいた。 だがある男の子と出会い、世界は色づきはじめて? 切なくも、一歩踏み出す勇気がつまった...
天才ハッカー安部響子と五分間の相棒  著:一田和樹小説

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒  著:一田和樹

ネット上でのなりすましとカードの不正利用の被害に遭った肇。 犯人探しの末に辿り着いたのは隣人の美女・安部響子だった。 彼女に誘われ、ハッカー集団ラスクの一員として活動を始める肇...
人妻食堂  著:橘真児小説

人妻食堂  著:橘真児

ある夜、充義は道を間違えて、見知らぬ食堂に入ることに。 店にいた女性に聞くと、本来は子ども食堂で、近所の人妻たちが始めたボランティアなのだと。 定食を食べて出ようとすると、彼女...
兄弟  著:なかにし礼小説

兄弟  著:なかにし礼

「兄さん、死んでくれてありがとう」 十六年間絶縁状態だった兄の死を聞いた弟の胸裡に、破滅的な生涯を送ったその姿が甦る。 敗戦後、特攻隊から復員した兄は博打と女に溺れ、一攫千金を...
いつかここにいた貴方のために/ずっとそこにいる貴方のために  著:西塔鼎ライトノベル

いつかここにいた貴方のために/ずっとそこにいる貴方のために  著:西塔鼎

少年兵レンカはその日、奇跡を見た。 それは、春ー四月に降る雪。 血みどろの最前線に降り、あらゆる敵を凍てつかせる雪。 その奇跡を起こした少女は、こう呼ばれていた。 ...
光合成理論  著:奈瀬セナ小説

光合成理論  著:奈瀬セナ

担任に駆り出され、隣接する特別支援学校の手伝いをすることになった女子高生のヨーコ。 そこで出会ったのは難聴を抱える男子高生・ミズキだった。 人と真っすぐに向き合おうとするミズキ...
スメル男  著:原田宗典小説

スメル男  著:原田宗典

無嗅覚症になったぼくのために臭いの研究をしていた親友が事故死する。 悲嘆にくれていると彼の恋人を名乗る女性が現れ、ぼく宛だと言ってシャーレを手渡す。 その中身に触れたときから体...
しっぽり隠れ宿  著:庵乃音人小説

しっぽり隠れ宿  著:庵乃音人

広瀬は海辺の町で、亡妻の妹と小さな旅館を経営している。 ある激しい雨の日、ずぶ濡れの女性が行き倒れのようにして宿を訪れた。 広瀬はそのミステリアスな美熟女にひとめぼれ。 ...
エンキョリレンアイ  著:小手鞠るい小説

エンキョリレンアイ  著:小手鞠るい

会いたくて、会いたくて。 なのに、会うことが叶わない・・・ 22歳の誕生日、書店アルバイトの花音が出会ったのは、アメリカ留学へ旅立つ予定の海晴だった。 遠く離れても、熱く...
タイトルとURLをコピーしました