ラブストーリー

好きな人がバレたら死ぬラブコメ  著:玖城ナギライトノベル

好きな人がバレたら死ぬラブコメ  著:玖城ナギ

幼い頃、お互いに『好き』という想いを胸に秘め、離れ離れになった青山夏海と桜雨春香は『天才の養成機関』覇王学園で運命の再会をはたす。 今度こそ想いを告げようとするも新たに学園の必修科目となった...
恋は夜空をわたって  著:岬鷺宮ライトノベル

恋は夜空をわたって  著:岬鷺宮

「あれ、この声、御簾納じゃね?」 ある晩、適当に選んだ配信から流れてきたのは、聞き覚えのある声だった。 小柄なのに大人びた、お洒落な美人。 つれない態度のクール系後輩、御簾納咲。...
ワカレ花  著:けんご小説

ワカレ花  著:けんご

話題の小説紹介クリエイター・けんごが手がけた初の小説は、花をモチーフにした恋愛小説。 「始業式」「散り桜」「夕立ち」「花火」「落ち葉」「コスモス」「雪景色」「ユキヤナギ」の8編を収録。 ...
いつかの冬、終わらない君へ  著:いぬじゅんライトノベル

いつかの冬、終わらない君へ  著:いぬじゅん

出版社で働く柚希は、人に対して自己主張ができない性格。 小説の編集者になりたくて出版社に入ったが、入社以来求人誌の編集部で働いている。 柚希には小説家を目指していた高校時代からの親友・...
ココデナイドコカ  著:島村洋子小説

ココデナイドコカ  著:島村洋子

騙されていることに気づいていた。 でも、好きだったから・・・ 着物のセールスをしている西に惹かれていった私は、彼の勧めで高額の着物を買い揃えた。 病的に厳しかった母を持ち...
ほんともう勘弁してください  著:時本紗羽小説

ほんともう勘弁してください  著:時本紗羽

毎朝出社するたびに俺に「好きです」と告白してくる女子社員がいた。 新卒同期の彼女の告白がはじまったのは入社二年目の夏。 それから五年続いた告白はある日、終わった。 彼女が...
わたし、二番目の彼女でいいから。  著:西条陽ライトノベル

わたし、二番目の彼女でいいから。  著:西条陽

「私も桐島くんのこと、二番目に好き。」 俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。 確かに俺と早坂さんは恋人だ。 一緒に帰って、こっそり逢っ...
#チャンネル登録してください  著:藤石波矢ライトノベル

#チャンネル登録してください  著:藤石波矢

きっと、大丈夫。 僕らは何にでもなれる。 「ユーチューバー、やってみない?」 いつも失敗を恐れて自信が持てない僕を誘ってくれたのは、大学で知り合った人気ユーチューバーの環...
果てない空をキミと飛びたい 雨の日にアイドルに傘を貸したら、二人きりでレッスンをすることになった  著:榮三一ライトノベル

果てない空をキミと飛びたい 雨の日にアイドルに傘を貸したら、二人きりでレッスンをすることになった  著:榮三一

「私はもう矢ヶ崎さんしか頼ることが出来ないんです」 飛行機が身近になった世界。 航専科所属の少年・矢ヶ崎矧は、雨の中で泣く人気アイドル涼名美月を見つける。 その時はただ傘...
10分間ラブストーリー ちょっぴり泣ける恋愛小説アンソロジー小説

10分間ラブストーリー ちょっぴり泣ける恋愛小説アンソロジー

私とカケルはうまくいっていた。 でもカケルはケンカをすると手を上げるようになり、私の顔を見なくなった。 私は松野で寂しさを紛らわすようになった。 そんなある日、松野が刺さ...
モルヒネ  著:安達千夏小説

モルヒネ  著:安達千夏

在宅医療の医師・藤原真紀の前に、元恋人の倉橋克秀が七年ぶりに現われた。 ピアニストとして海外留学するため姿を消した彼がなぜ? 真紀には婚約者がいたが、かつて心の傷を唯ひとり共有...
放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている  著:戸塚陸ライトノベル

放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている  著:戸塚陸

「きみも来る?」 時刻は午後11時。 平凡な高校生・倉木大和はコンビニからの帰宅途中に、同級生で聖女と呼ばれる美少女・白瀬聖良と出会う。 彼女に誘われるまま、真夜中の繁華...
同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています  著:凪乃彼方ライトノベル

同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています  著:凪乃彼方

とある事情のせいで高校浪人を余儀なくされた俺、高村颯太。 一年遅れで高校に入学するも、かつての同級生、憧れだった倉咲千春さんは一学年上の先輩になってしまった。 さらに中学でいつ...
余命10年  著:小坂流加小説

余命10年  著:小坂流加

20歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病にかかり、余命が10年であることを知る。 笑顔でいなければ周りが追いつめられる。 何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。 ...
光合成理論  著:奈瀬セナ小説

光合成理論  著:奈瀬セナ

担任に駆り出され、隣接する特別支援学校の手伝いをすることになった女子高生のヨーコ。 そこで出会ったのは難聴を抱える男子高生・ミズキだった。 人と真っすぐに向き合おうとするミズキ...
エンキョリレンアイ  著:小手鞠るい小説

エンキョリレンアイ  著:小手鞠るい

会いたくて、会いたくて。 なのに、会うことが叶わない・・・ 22歳の誕生日、書店アルバイトの花音が出会ったのは、アメリカ留学へ旅立つ予定の海晴だった。 遠く離れても、熱く...
今夜、きみの涙は僕の瞬く星になる  著:此見えこ小説

今夜、きみの涙は僕の瞬く星になる  著:此見えこ

恋愛のトラウマのせいで、自分に自信が持てないかの子。 あるきっかけで隣の席の佐々原とメールを始めるが突然告白される。 学校で人気の彼がなぜ地味な私に? 違和感を覚えつつも...
この恋を殺しても、君だけは守りたかった。  著:稲井田そう小説

この恋を殺しても、君だけは守りたかった。  著:稲井田そう

幼いころから吃音が原因で嫌な経験をし、明日が来ることが怖い高1の萌歌。 萌歌とは正反対で社交的な転校生・照道が現れ、毎日が少しずつ変化していく。 彼は萌歌をからかっていたかと思...
桜のような君に、僕は永遠の恋をする  著:騎月孝弘小説

桜のような君に、僕は永遠の恋をする  著:騎月孝弘

演劇部に所属する高2のコウは、自分の台本が上演されるのが夢。 だが、何度執筆するも採用されず落ち込んでいた。 そんな彼の唯一の楽しみは、よく夢に出てくる理想の女の子“ゆずき”を...
過去で君が待っている。  著:吉月生ライトノベル

過去で君が待っている。  著:吉月生

6年前、僕は、愛する人を永遠に失った。 それ以来、喪失感を抱えて生きてきた僕。 死ぬ直前、突然に別れを切り出して去った彼女の行動が、今もずっと心に引っかかっていた。 「も...
いつかきみに七月の雪を見せてあげる  著:五十嵐雄策ライトノベル

いつかきみに七月の雪を見せてあげる  著:五十嵐雄策

いつかきみに、七月の雪を見せてあげる。 あの日、彼女は青く光る海を見ながら、僕にそう約束してくれた。 あの人を、死なせたくなかった。 だからわたしは『願い』をかけることに...
放課後、君は優しい嘘をつく。  著:雨野マサキライトノベル

放課後、君は優しい嘘をつく。  著:雨野マサキ

3年前の飛行機事故により両親を亡くし、また自身の足も不自由になったことで、すっかり心を閉ざしてしまった美しい少年・古賀春一。 全てを拒絶しながら引きこもる彼のもとに、突如現れたのはク...
誰も死なない恋愛小説  著:藤代冥砂小説

誰も死なない恋愛小説  著:藤代冥砂

体だけの関係に憧れる、自称・さげまんの19歳女子大生。 ストーカーと付き合うことになってしまうグラビアアイドル。 恋人の友達に惹かれはじめた同棲7年目のデザイナー。 自分...
遠くでずっとそばにいる  著:狗飼恭子小説

遠くでずっとそばにいる  著:狗飼恭子

27歳の朔美は、会社を辞めた日に事故で10年分の記憶を失った。 高校時代の部活仲間を頼りに思い出を辿っていくが、浮き彫りになるのはどこまでも孤独な自分。 会いたい人がいるはずもな...
だから僕は君をさらう  著:斎藤千輪小説

だから僕は君をさらう  著:斎藤千輪

少年時代に父が起こした事件の影響で、平穏無事に暮らすことだけを願いながら生きる青年・守生光星は、ある夜、自宅近くの墓地で一人の少女と出逢う。 驚くことに少女は父が起こした事件の被害者の...
大人恋 恋におちた妻たち  著:真野朋子小説

大人恋 恋におちた妻たち  著:真野朋子

ネット上の限定恋愛コミュニティ「マダムBの部屋」では、五人の女性が不倫について告白しあっている。 初めての一泊旅行がなくなってしまったダブル不倫中の希美。 セックスばかりの関係に...
好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか・・・?」と言われた件  著:柚本悠斗ライトノベル

好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか・・・?」と言われた件  著:柚本悠斗

高校に入学した直後のこと。 私、椋千彩乃はずっと片想いしている男の子、成瀬鳴海先輩が初めて恋に堕ちる瞬間を見てしまった。 落ち込む間もなく鳴海先輩から恋を応援して欲しいと頼まれ...
愛しても届かない  著:唯川恵小説

愛しても届かない  著:唯川恵

「恋」という魔物にとりつかれた女は、ときに、自分自身でも思いがけないことをしてしまう。 七々子の場合がそうだった。 好きになった彼にはすでに恋人がいた。 あきらめきることが...
ナラタージュ  著:島本理生小説

ナラタージュ  著:島本理生

お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある。 大学二年の春、母校の演劇部顧問で、思いを寄せていた葉山先生から電話がかかってきた。 ...
軽薄  著:金原ひとみ小説

軽薄  著:金原ひとみ

18歳の頃、カナは元恋人に刺されるも一命を取り留めた。 29歳の今、仕事も夫と幼い息子との家庭も充実しているが、空虚な傷跡は残ったままだ。 その頃、米国から姉一家が帰国しカナは甥...
タイトルとURLをコピーしました