官能

愛の不死鳥  著:末廣圭小説

愛の不死鳥  著:末廣圭

多忙な仕事を隠れ蓑に酒、女に費やす時間の多かった川奈は、引退後、妻に対する懴悔の気持ちを深くしていた。 白髪の混じり始めた男の肉が役立たない。 思い立って、連絡を取ったのは、馴...
濡れ蜜の村  著:橘真児小説

濡れ蜜の村  著:橘真児

淀川幾太は大学を卒業後、故郷の山村に戻り役場の職員となった。 田舎暮らしは嫌ではないが、異性と知り合う機会が少ないのが悩みだった。 そんなある日、職場の先輩で人妻の沙知子から、...
人妻食堂  著:橘真児小説

人妻食堂  著:橘真児

ある夜、充義は道を間違えて、見知らぬ食堂に入ることに。 店にいた女性に聞くと、本来は子ども食堂で、近所の人妻たちが始めたボランティアなのだと。 定食を食べて出ようとすると、彼女...
しっぽり隠れ宿  著:庵乃音人小説

しっぽり隠れ宿  著:庵乃音人

広瀬は海辺の町で、亡妻の妹と小さな旅館を経営している。 ある激しい雨の日、ずぶ濡れの女性が行き倒れのようにして宿を訪れた。 広瀬はそのミステリアスな美熟女にひとめぼれ。 ...
田舎の未亡人  著:八神淳一小説

田舎の未亡人  著:八神淳一

亮一はある山間の分校に赴任するため、バスで村に向かっていた。 前任から、その村には若い女がいないと聞き、30歳までに童貞を卒業することはあきらめていたが、バスを降りると若い女性の姿が...
人妻温泉  著:橘真児小説

人妻温泉  著:橘真児

相沢道介は、G県山中にある月花温泉郷にたった1軒だけの温泉旅館「妻代館」の番頭である。 離婚をして現在は独り身だが、ある日、客で人妻の本條七海の露天風呂入浴オナニーを覗いて彼女と本番...
美人課長の手ほどき  著:霧原一輝小説

美人課長の手ほどき  著:霧原一輝

大手製薬会社、入社一年目の耕太は、バツイチ独女で才色兼備の上司から、ある日、夜のお誘いを受けた。 社内に誤解で広がるウワサを期待されてのことだが、すぐに化けの皮が。 直ちに始ま...
桃色タクシー  著:庵乃音人小説

桃色タクシー  著:庵乃音人

その日暮らしのタクシードライバー甲田は、車内で男にからまれている女性を助けた。 霊感があるというその女性に徳を積んだから運が開けると言われたとおり、そのあと美人ホステスや人気女優とね...
隣室は逢い引き部屋  著:葉月奏太小説

隣室は逢い引き部屋  著:葉月奏太

居酒屋でのバイト中、同僚の人妻を助けようとして客に絡まれた大学生の純也。 休養を命じられアパートにいると、隣室から男女の声が。 よく見ると壁には穴があいており、覗くと、男は先日...
女性社長 出資の代償  著:桜井真琴小説

女性社長 出資の代償  著:桜井真琴

亮太は自身の会社を立ち上げて業績を伸ばしていた。 そんな折、元勤務先の先代社長の法要に出席した彼は、現社長である未亡人・彩花の美しさにうたれ、さらには人妻になったばかりの彩花の娘・沙...
親友の妻は初恋相手  著:葉月奏太小説

親友の妻は初恋相手  著:葉月奏太

陽二郎は、ひと月前から付き合いはじめた後輩社員の七海を大学時代からの親友の大悟とその妻・麻里奈に紹介する予定になっていた。 ところが大悟と七海が急用で出かけてしまい、麻里奈と二人きり...
僕が初めてモテた夜  著:睦月影郎小説

僕が初めてモテた夜  著:睦月影郎

大学二年の幹男は、完全無垢の童貞だった。 おまけに体重が100キロ! これではダメだと考えた彼は同級生の香凛に告白。 事前に怖い一言を言われたものの不思議な能力を持つ彼女...
人妻のボタンを外すとき  著:葉月奏太小説

人妻のボタンを外すとき  著:葉月奏太

24歳で童貞の伸一は前々から気になっていた花屋の女性と話しているうちに彼女に小さなボタンのようなものがあるのを発見する。 これには秘密があるようで、なんと彼女と結ばれることに。 ...
濡れる島と灯台の記憶  著:末廣圭小説

濡れる島と灯台の記憶  著:末廣圭

乗り合いの釣り船を操る慎太郎は、仕事に追われて独身のまま30歳を迎えた。 初恋の人の名前をつけた「七海丸」に今日も客を乗せ、仕事をしていると、妖艶で謎めいた人妻と出会う。 下船...
夜明けを待つならあなたと  著:葉月奏太小説

夜明けを待つならあなたと  著:葉月奏太

修介は、高校生のころに家庭環境が崩壊して以来、なんの希望も持たずに生きてきた。 母親の三回忌で帰郷したところ、高校のクラスメイトだった夏純と十数年ぶりに再会する。 彼女はシック...
ゆげまん  著:庵乃音人小説

ゆげまん  著:庵乃音人

2年前に女子高教師の職を辞した春田宏武は現在58歳。 妻に死に別れて現在は独身だが、14年前の卒業生の同窓会に参加して、風紀委員長の野々宮千尋と生徒会長の篠村柊子の人妻2人と三次会へ...
愛でも恋でもない、ただ狂おしいほどの絶頂  著:草凪優小説

愛でも恋でもない、ただ狂おしいほどの絶頂  著:草凪優

仕事が忙しすぎて恋愛をしているヒマがない。 だったらセックスは、金で買えばいい。 朝の顔を務める女子アナの紗奈子は、秘密の会員制買春サロンを訪れる。 しかし冷たい眼をした...
桃色一軒家  著:鷹澤フブキ小説

桃色一軒家  著:鷹澤フブキ

田舎の里山にあるポツン、と一軒家の古民家宿『小綬鶏亭』を経営する深山大樹は都会からのUターン組の28歳だ。 ある日、テレビの取材が入り、「ひっそり、隠れ家」のタイトルで放送される。 ...
カルチャーセンター 人妻あそび  著:霧原一輝小説

カルチャーセンター 人妻あそび  著:霧原一輝

カルチャーセンターで人妻相手に水彩画を教えている高野郁夫は、妻を亡くした後、以前から目をつけていた美人妻の仲井由季子に誘われる。 仲間の朝川真弓が絵画コンクールに入賞しており、自分も...
地方の人妻がいやらしすぎて  著:桜井真琴小説

地方の人妻がいやらしすぎて  著:桜井真琴

大手建設会社でエリート街道を歩んでいた遠野亮一は、推し進めようとしていたリストラ案が古参派閥の怒りを買い、奸計に嵌められ地方の営業所に飛ばされることに。 失意のなか新天地での生活をは...
人妻がベールを脱ぐとき  著:霧原一輝小説

人妻がベールを脱ぐとき  著:霧原一輝

女心に疎い総一郎は妻との離婚をきっかけに、昼はカフェ、夜はバーのマスターをしていた。 紳士面をしているがじつはむっつりスケベで女好き。 しかし、営業中は下心を隠さなければいけな...
美女刺客と窓ぎわ課長  著:霧原一輝小説

美女刺客と窓ぎわ課長  著:霧原一輝

長年会社一筋で働いてきた58歳の田村課長は、リストラ候補になってしまったことに納得できない。 すると、このリストラ施策の成否に出世がかかっている、人事部の木島玲子が説得に来る。 ...
愛と欲望の深夜バス  著:霧原一輝小説

愛と欲望の深夜バス  著:霧原一輝

金曜日の夜、怜史は高速バスターミナルの待合室にいた。 翌朝、大阪に到着する高速夜行バスに乗るためだ。 乗車後、最後尾の席に座った怜史だったが、隣の空席を挟んで、一人の女性が座っ...
美味(UMA)そうな女たち  著:橘真児小説

美味(UMA)そうな女たち  著:橘真児

売れない作家の真人は雑誌の依頼で、UMA探しの取材に赴いた。 すると山で人妻、湖で女子大生、川で未亡人、とイカにもな女たちに導かれ、大自然の懐で、探索をよそに快感体験を重ねる。 ...
ふたつの月に濡れる  著:滝川杏奴小説

ふたつの月に濡れる  著:滝川杏奴

大学も通わず、ジャズの流れるバーでのバイト兼店長の仕事に、健吾は身を沈めていた。 試験前には店の客でもある、官能小説家志望の一風変わった仏文科同級生の柚季がノートを持ってきてくれる。...
あの日抱いた人妻の名前を僕達はまだ・・・  著:橘真児小説

あの日抱いた人妻の名前を僕達はまだ・・・  著:橘真児

30歳を前に久々に会った同級生三人組が、高校時代の思い出話を始めた。 仁志が、実は、高三で初体験をしたことを告白すると、彰も「実は俺も・・・」と。 三人が同じ時期に同じように初...
社外秘 プロジェクトSEX  著:橘真児小説

社外秘 プロジェクトSEX  著:橘真児

ミシンメーカーの地方支社でくすぶる柴田公紀に突然、東京本社への異動令が下る。 ビクつきながら出社すると、現れたのは麗しの女社長・柳都智華。 熟れた色香を放つ智華は自らの肉体を餌...
揉んでも抱けない  著:橘真児小説

揉んでも抱けない  著:橘真児

ダメ人間の満也は整体師として天賦の才を持っていた。 愛弟子の成海を差し置き、その才を見抜いた祖父から引継いだ治療院で「患者」を待つある日、アイドルグループのセンター・優香がやってくる...
筆いじめ  著:末廣圭小説

筆いじめ  著:末廣圭

小堀重之は、ダンス教室の一画を間借りして書道教室を主宰する書道家だが、ダンス教室の先生で大家でもある浅茅美奈子は、重之のかつての恋人だった。 彼女との泥酔状態での一夜の出来事が重之に...
ふしだら妻のご指名便  著:霧原一輝小説

ふしだら妻のご指名便  著:霧原一輝

宅配ピザ屋でバイトを始めた奥手の大学生・青木亮介は、仕事の失敗で落ち込んでいると憧れの店長・内田奈緒から慰められ、さらにフェラチオまで施されて有頂天に。 しかし、それ以降は奈緒とは何...
タイトルとURLをコピーしました