桃色一軒家  著:鷹澤フブキ

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




桃色一軒家  著:鷹澤フブキ



田舎の里山にあるポツン、と一軒家の古民家宿『小綬鶏亭』を経営する深山大樹は都会からのUターン組の28歳だ。

ある日、テレビの取材が入り、「ひっそり、隠れ家」のタイトルで放送される。

それを機に、一日ひと組限定の宿にも関わらず、お客さんが多く訪れるようになり休む暇もなくなるが、ある夜、女性客との間で大樹は妖しいムードになり快楽関係に陥ってしまう。

その後次々と熟女や若い女性客と淫らな経験をし、あまつさえ、従業員の人妻とも・・・


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました