信長鉄道  著:豊田巧

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




信長鉄道  著:豊田巧
3.5


一九八七年三月三十一日、国鉄分割民営化前夜。

国鉄名古屋工場には、保線区軌道検査長・十河拓也たち、国鉄職員が集っていた。

意気消沈する彼らだったが、零時ちょうど、工場設備と一緒に、永禄三年にタイムスリップしてしまう。

そこは今川義元の尾張侵攻を目前にした戦国時代。

十河たちは生き延びるため、織田信長に協力することに。

国鉄マンは戦国の世で何ができるのか!?

戦国時代の歴史が、「信長の鉄道」で大きく変わる。

圧巻の鉄道エンタメ小説。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
  1. よむよむ より:

    本当におもしろかったので、本好き、歴史好きの人には読んで欲しい

    5.0 rating

  2. 読んでおきたい話題の小説 より:

    >よむよむさん

    コメントありがとうございます。

    当方のミスによりコメント認証が遅れてしまいました事、深くお詫び申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました