小説

道  著:白石一文小説
NEW

道  著:白石一文

一枚の絵が、世の中の仕組みを大きく覆す。 男は、どん詰まりの場所にいた。 二年半前の大学生だった娘の交通事故死。 そこから精神の変調を来たし、二度の自殺未遂の隘路から抜け出せない...
Aではない君と  著:薬丸岳小説

Aではない君と  著:薬丸岳

あの晩、あの電話に出ていたら。 同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。 親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。 真相は語られないまま、親子...
朔が満ちる  著:窪美澄小説

朔が満ちる  著:窪美澄

家庭内暴力をふるい続ける父親を殺そうとした過去を封印し、孤独に生きる文也。 ある日、出会った女性・梓からも、自分と同じ匂いを感じた。 家族を「暴力」で棄損された二人の、これは「決別」と...
ミラーワールド  著:椰月美智子小説

ミラーワールド  著:椰月美智子

同じ中学校に通う子を持つ3人の主夫たち。 女尊男卑社会に理不尽を感じながら、妻子を支えようと毎日奮闘していた。 そんななか、ある生徒が塾帰りの夜道で何者かに襲われてしまう。 男女...
両手にトカレフ  著:ブレイディみかこ小説

両手にトカレフ  著:ブレイディみかこ

私たちの世界は、ここから始まる。 寒い冬の朝、14歳のミアは、短くなった制服のスカートを穿き、図書館の前に立っていた。 そこで出合ったのは、カネコフミコの自伝。 フミコは「別の世...
塞王の楯  著:今村翔吾小説

塞王の楯  著:今村翔吾

幼い頃、落城によって家族を喪った石工の匡介。 彼は「絶対に破られない石垣」を造れば、世から戦を無くせると考えていた。 一方、戦で父を喪った鉄砲職人の彦九郎は「どんな城も落とす砲」で人を...
もう別れてもいいですか  著:垣谷美雨小説

もう別れてもいいですか  著:垣谷美雨

58歳の主婦・澄子は、横暴な夫・孝男との生活に苦しんでいた。 田舎の狭いコミュニティ、ギスギスした友人グループ、モラハラ夫に従うしかない澄子を変えたのは、離婚して自分らしく生きる元同級生との...
シェア  著:真梨幸子小説

シェア  著:真梨幸子

鹿島穂花(40)は、相続した新宿区A町の古い民家をシェアハウスにすることに。 しかし、不動産会社の口車に乗せられ想定外のリフォームをして借金を負う。 さらに工事中に床下からとんでもない...
彼女が知らない隣人たち  著:あさのあつこ小説

彼女が知らない隣人たち  著:あさのあつこ

地方都市で暮らす三上咏子は、縫製工場でパートとして働きながら、高校生の翔琉と小学生の紗希、夫の丈史と平凡な毎日を送っていた。 ある日の夕方、駅近くの商業施設から白い煙が上がるのを目撃。 ...
チョウセンアサガオの咲く夏  著:柚月裕子小説

チョウセンアサガオの咲く夏  著:柚月裕子

美しい花には毒がある。 献身的に母の介護を続ける娘の楽しみとは・・・ デビュー以来の短編をまとめた、初のオムニバス短編集。 ▼ 詳しくはこちらから ▼ チョ...
六法推理  著:五十嵐律人小説

六法推理  著:五十嵐律人

その悩み、一人で抱え込まずお気軽に無法律へ。 学園祭で賑わう霞山大学の片隅。 法学部四年・古城行成が運営する「無料法律相談所」(通称「無法律」)に、経済学部三年の戸賀夏倫が訪れる。 ...
俺ではない炎上  著:浅倉秋成小説

俺ではない炎上  著:浅倉秋成

ある日突然、「女子大生殺害犯」とされた男。 既に実名・写真付きでネットに素性が曝され、大炎上しているらしい。 まったくの事実無根だが、誰一人として信じてくれない。 会社も、友人も...
孤蝶の城  著:桜木紫乃小説

孤蝶の城  著:桜木紫乃

芸能界の先駆者にして伝説。 その孤高の闘いを描く怒濤の長篇小説。 モロッコへ旅立ったカーニバル真子は日本で初めて「女の体」を手に入れた。 帰国後、待ち構えていたのは雑誌のグラビア...
初めて会う人  著:くわがきあゆ小説

初めて会う人  著:くわがきあゆ

愛がまねく、予測不能な結末。 捜査一課に配属されて間もない刑事・静川涼吾の全神経は、完黙を続ける容疑者を前に、極度に張り詰めていた。 本当にこの男が殺したのだろうか。 誰の記憶に...
属国の銃弾  著:永瀬隼介小説

属国の銃弾  著:永瀬隼介

1947年夏、占領軍に骨抜きにされた焦土で日本を引っ繰り返そうとした男たちがいた。 高度成長期に頭角を現し“今太閤”と呼ばれる政治家・千石宗平。 高等小学校卒で叩き上げの彼を秘書として...
水の月  著:中江有里小説

水の月  著:中江有里

百花と千愛は3つ違いの姉妹。 両親のもと成長していたが、ある日両親が離婚する。 父の元へ引き取られた百花と、母の元へ引き取られた千愛。 離れて暮らすようになって30年が過ぎ、39...
雨の日には車をみがいて  著:五木寛之小説

雨の日には車をみがいて  著:五木寛之

さらば愛しき車たちよ。 シムカ1000、アロファ・ロメオ ジュリエッタ・スパイダー、ボルボ122S、BMW2000CS・・・ 9人の女性たちを彩る9台の車。 時は流れ、ぼくは進む...
致死量の友だち  著:田辺青蛙小説

致死量の友だち  著:田辺青蛙

学校で苛烈な虐めをうける宇打ひじり。 死をも考え始めてしまうような状態の中、美しいクラスメイトの夕美から一緒に復讐しようと誘われる。 夕実も校内で悍ましい仕打ちをうけていたのだ。 ...
彼女。  著:相沢沙呼小説

彼女。  著:相沢沙呼

彼女と私、至極の関係性。 “観測者"は、あなた。 珠玉の7編とそれを彩る7つのイラスト。 究極のコラボレーションが実現! ▼ 詳しくはこちらから ▼ 彼女...
闇の余白  著:石川智健小説

闇の余白  著:石川智健

覚醒剤密輸現場で逮捕された暴力団員・雨夜。 “いい刑事”にしか話さないと黙秘していたが、警視庁捜査一課の見栄っ張りな刑事・滝田に会ったとたん、自供を始める。 そして雨夜は、覚醒剤密輸で...
老い蜂  著:櫛木理宇小説

老い蜂  著:櫛木理宇

友安小輪は、怯えていた。 彼女と恋人の住むアパートに、ある日突然謎の老人が現われ執拗ないやがらせを始めたのだ。 弱々しい老人相手にもかかわらずなぜか恋人は萎縮し、警察に被害を訴えてもま...
それは「いらない」で始まった  著:真中あすか小説

それは「いらない」で始まった  著:真中あすか

八畳くらいの和室の真ん中に椅子がひとつ。 その椅子には中学生か、もう少し下くらいの女の子が、椅子にまたがって背もたれに腕と顎を置いていた。 その傍らでは中年の男女が言い争っている。 ...
新聞少女  著:和久井基生小説

新聞少女  著:和久井基生

こんなこと起こるはずがない。 でも起こるかも知れない。 10代、20代、40代。 男性目線で描かれた3つの恋の物語。 ■新聞配達で出会った少女との恋を描いた青春ドラマ(...
陽だまりに至る病  著:天祢涼小説

陽だまりに至る病  著:天祢涼

小学五年生の咲陽は、「父親が仕事で帰ってこない」という同級生の小夜子を心配して家に連れ帰る。 だが、コロナを気にする母親に小夜子のことを言いだせないまま、自分の部屋に匿うことに。 翌日...
今、出来る、精一杯。  著:根本宗子小説

今、出来る、精一杯。  著:根本宗子

東京都三鷹市のスーパーマーケット「ママズキッチン」で働く人々は皆どこかヘン。 しかしもっとおかしいのは毎日この店を訪れ「お弁当をタダでくれ」を叫ぶ車椅子に座る女だった。 言葉を聞き入れ...
裏家電  著:嶋戸悠祐小説

裏家電  著:嶋戸悠祐

東城萌絵の将来の夢は、実家の「トージョー電器」をもっと大きな店にして、父親のような誰からも愛される電器屋になることだった。 だが、父が交通事故で重傷を負い、店は閉店に追い込まれてしまう。 ...
生皮 あるセクシャルハラスメントの光景  著:井上荒野小説

生皮 あるセクシャルハラスメントの光景  著:井上荒野

動物病院の看護師で、物を書くことが好きな九重咲歩は、小説講座の人気講師・月島光一から才能の萌芽を認められ、教室内で特別扱いされていた。 しかし月島による咲歩への執着はエスカレートし、肉体関係...
彼女の背中を押したのは  著:宮西真冬小説

彼女の背中を押したのは  著:宮西真冬

書店に勤めていた妹が、ビルから飛び降りた。 相談したいことがあるとメールをしてきたその日に。 結婚と同時に上京し平穏に暮らしていた姉・梢子は、妹の飛び降りの理由を探るため、実家に戻り同...
宙ごはん  著:町田そのこ小説

宙ごはん  著:町田そのこ

宙には、育ててくれている『ママ』と産んでくれた『お母さん』がいる。 厳しいときもあるけれど愛情いっぱいで接してくれるママ・風海と、イラストレーターとして活躍し、大人らしくなさが魅力的なお母さ...
たとえ世界を敵に回しても  著:志駕晃小説

たとえ世界を敵に回しても  著:志駕晃

介護施設で働く小山葉子のもとに、差出人不明の怪文書が届く。 書かれていたのは「おまえの息子は犯罪者だ」という衝撃の内容だった。 葉子の息子・雅也は五年前に家を飛び出したきり、音信不通と...
タイトルとURLをコピーしました