[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

来世の記憶  著:藤野可織

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






すぐそばにいる誰かの物語。


あたしの前世はおっさんだった。
(「前世の記憶」)

体が腐らないよう冷蔵庫の中で眠る少女。
(「れいぞうこ」)

切手占いに夢中で男の子の存在を忘れた女の子たち。
(「切手占い殺人事件」)

軽蔑する親友からの電話にじっと耳を傾ける私。
(「時間ある?」)

凶器を持って怪獣を虐待しに森に入る少女たち。
(「怪獣を虐待する」)

理想のかばんと出会い旅立った非正規雇用の女性。
(「いつかたったひとつの最高のかばんで」)

ささやかでひんやりしていて、それでいてあたたかなよろこびすべての感情が詰まった輝ける物語たち。


▼ 詳しくはこちらから ▼