ミステリー

陽だまりに至る病  著:天祢涼小説

陽だまりに至る病  著:天祢涼

小学五年生の咲陽は、「父親が仕事で帰ってこない」という同級生の小夜子を心配して家に連れ帰る。 だが、コロナを気にする母親に小夜子のことを言いだせないまま、自分の部屋に匿うことに。 翌日...
裏家電  著:嶋戸悠祐小説

裏家電  著:嶋戸悠祐

東城萌絵の将来の夢は、実家の「トージョー電器」をもっと大きな店にして、父親のような誰からも愛される電器屋になることだった。 だが、父が交通事故で重傷を負い、店は閉店に追い込まれてしまう。 ...
Blue  著:葉真中顕小説

Blue  著:葉真中顕

平成一五年に発生した一家殺人事件。 最有力容疑者である次女は薬物の過剰摂取のため浴室で死亡。 事件は迷宮入りした。 時は流れ、平成三一年四月、桜ヶ丘署の奥貫綾乃は「多摩ニュータウ...
彼女はもどらない  著:降田天小説

彼女はもどらない  著:降田天

雑誌編集者の楓は、娘の衣装を自作する人気ブロガーに批判的なコメントをしたことから、自身の過去のブログを匿名掲示板で晒され、陰湿なストーカー被害に遭うようになった。 一方、寝たきりの妻...
卒業したら教室で  著:似鳥鶏小説

卒業したら教室で  著:似鳥鶏

市立高校にまた卒業の季節がやってきた。 柳瀬さんをはじめ仲のよかった先輩たちが巣立っていく。 そんな三月の放課後、秋野麻衣が不可解なものを見たと相談に。 真っ暗なCAI室...
medium 霊媒探偵 城塚翡翠  著:相沢沙呼小説

medium 霊媒探偵 城塚翡翠  著:相沢沙呼

死者が視える霊媒・城塚翡翠と、推理作家・香月史郎。 心霊と論理を組み合わせ真実を導き出す二人は、世間を騒がす連続死体遺棄事件に立ち向かう。 証拠を残さない連続殺人鬼に辿り着ける...
Slow ballad スローバラード  著:小路幸也小説

Slow ballad スローバラード  著:小路幸也

連鎖する事件に蘇る絆。 歳月は誰を変えたのか・・・ 東京・北千住で珈琲店“弓島珈琲”を営むダイは53歳になる。 中庭の桜が舞うある日、学生時代のバンド仲間・ヒトシの息子が...
久遠の檻  著:知念実希人小説

久遠の檻  著:知念実希人

かつてアイドルとして芸能活動をしていた少女、楯石希津奈。 十五年以上の時を経て、彼女がまったく同じ容姿で現れたことに驚いた精神科部長の墨田淳子は、統括診断部の天久鷹央に診察を依頼する...
嘘をもうひとつだけ  著:東野圭吾小説

嘘をもうひとつだけ  著:東野圭吾

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。 事件は自殺で処理の方向に向かっている。 だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやっ...
欲しい  著:永井するみ小説

欲しい  著:永井するみ

人材派遣会社を営む紀ノ川由希子は42歳、独身。 恋人には妻子がいる。 愛しているのに、会えば会うほど飢えていく。 そんな心の隙間を埋めるため、逢瀬の後はいつも派遣ホストを...
この歌をあなたへ  著:大門剛明小説

この歌をあなたへ  著:大門剛明

小学校の養護教諭、宮坂蒼衣の住む街には悲しい事件の記憶があった。 十九年前、クリスマスイベントで盛り上がる公園に刃物を持った男が乱入し、八人もの尊い命が奪われたのだ。 ある日、...
彼女が最後に見たものは  著:まさきとしか小説

彼女が最後に見たものは  著:まさきとしか

クリスマスイブの夜、新宿区の空きビルの一階で女性の遺体が発見された。 五十代と思われる女性の着衣は乱れ、身元は不明。 警視庁捜査一課の三ツ矢秀平と戸塚警察署の田所岳斗は再びコン...
九度目の十八歳を迎えた君と  著:浅倉秋成小説

九度目の十八歳を迎えた君と  著:浅倉秋成

いつもより遅めの通勤途中、僕は駅のホームで偶然、高校の同級生・二和美咲の姿を目撃した。 他人の空似ではなく、十八歳のままの彼女を。 誰も不思議に感じないようだが、彼女に恋してい...
名もなき少女に墓碑銘を  著:香納諒一小説

名もなき少女に墓碑銘を  著:香納諒一

無聊を託つ探偵・鬼束は、刑事だった頃に逮捕した男が、水死したことを知る。 男は亡くなる前、鬼束の携帯に電話をかけ、行方不明になっている娘の捜索を頼もうとしていた。 鬼束は、男の...
誘拐リフレイン 舞田ひとみの推理ノート  著:歌野晶午小説

誘拐リフレイン 舞田ひとみの推理ノート  著:歌野晶午

引きこもりの少年・馬場由宇は、近所に住む大久保家の幼児虐待を疑っていた。 ある日、件の幼児、真珠を炎天下の車内から助け出し、弾みで自宅に連れ帰ることに。 だが、目を離した隙に、...
スノーフレーク  著:大崎梢小説

スノーフレーク  著:大崎梢

函館に住む高校3年生の桜井真乃。 東京の大学に進学が決まった彼女の前に、小学生のときに亡くなり、遺体が見つからないままの幼なじみ、速人によく似た青年が現れた。 本当は、速人は生...
寄生リピート  著:清水カルマ小説

寄生リピート  著:清水カルマ

中学二年生の白石颯太は、スナックを営む母と二人暮らし。 嫌な目にあった時、いつも右手が疼いていた。 ある晩、馴染みの客を家に連れ込む母を目撃して、強烈な嫉妬を覚える。 数...
潔白  著:青木俊小説

潔白  著:青木俊

30年前に小樽で発生した母娘惨殺事件。 死刑がすでに執行済みにもかかわらず、被告の娘が再審を請求した。 娘の主張が認められれば、国家は無実の人間を死刑台に追いやったことになる。...
俗・偽恋愛小説家  著:森晶麿小説

俗・偽恋愛小説家  著:森晶麿

恋愛小説家・夢宮宇多は、デビュー作『彼女』が話題となり、次回作が待ち望まれていた。 ところが、担当編集者の月子が催促をするものの、夢宮は次回作の『月と涙』の原稿の続きを、書いてくる気...
トリカブトの花言葉を教えて  著:吉野万理子小説

トリカブトの花言葉を教えて  著:吉野万理子

高校生の星哉は、片想いをしている。 相手は祖母の経営するトランクルームの客で、年上の西条さん。 最近、優しい彼女の様子がちょっとおかしい。 誰かに憎しみを抱いているようだ...
偽恋愛小説家  著:森晶麿小説

偽恋愛小説家  著:森晶麿

晴雲出版からデビューした恋愛小説家・夢宮宇多と担当編集者の月子は、「シンデレラ」のようなエピソードを持つ女性を訪ねることになる。 話を聞くうち、夢宮は彼女の恋物語に隠された恐ろしい“...
予告状ブラック・オア・ホワイト  著:市井豊小説

予告状ブラック・オア・ホワイト  著:市井豊

真面目さが取り柄の会社員・透子は、ひょんなことから名探偵・九条の秘書になる。 かつて彼は全国を股にかけ、多くの難事件を解決した素人探偵だったが、今はなぜか地元・川崎市内というご近所で...
推理小説のようにはいかない ミュージック・クルーズの殺人  著:宮ヶ瀬水小説

推理小説のようにはいかない ミュージック・クルーズの殺人  著:宮ヶ瀬水

名古屋港での式典に参加した演奏ボランティアの一行が、横浜港への帰路についたその途上で事件は起こった。 密室の船内でボランティアの一人が殺害されてしまったのだ。 初対面のはずの乗...
超能力者とは言えないので、アリバイを証明できません  著:甲斐田紫乃小説

超能力者とは言えないので、アリバイを証明できません  著:甲斐田紫乃

大富豪・蓮丸貴世彦の遺言で孤島の館に集められた一族。 遺産分割について揉めていた一同には緊張が走る。 そんな時、遺言書が盗まれ更には弁護士が姿を消した。 捜索の結果、血の...
悪の芽  著:貫井徳郎小説

悪の芽  著:貫井徳郎

自分が犯した「あの罪」が、無差別大量殺人事件を引き起こしたのだろうか。 銀行員の安達は、世間を震撼させた事件の犯人が同級生だったことに気づいて絶句する。 小学生の頃、小さな見栄...
殺人事件が起きたので謎解き配信してみました  著:越尾圭小説

殺人事件が起きたので謎解き配信してみました  著:越尾圭

人気動画配信者のソウスケが生配信中にカメラの前で突然死んだ。 果たしてこれは事故か殺人か。 配信を見ていた友人の動画配信者カイは、世話になったソウスケの恩義に報いるべく彼の死の...
ブラックガード  著:木内一裕小説

ブラックガード  著:木内一裕

小学三年生の娘と二人暮らしの私立探偵・矢能。 久しぶりの仕事は「二億円の商品取引」の交渉人。 だが、なぜ彼が選ばれたのかは明かされなかった。 そして、取引現場で目的不明の...
悪女の品格  著:辻堂ゆめ小説

悪女の品格  著:辻堂ゆめ

どうして私がこんな目に? めぐみはここ一週間、連続して危険な目に遭っていた。 まずは監禁事件、次に薬品混入事件。 犯人は、めぐみが三股をかけた上に貢がせている男性たちの誰...
ループ・ループ・ループ  著:桐山徹也小説

ループ・ループ・ループ  著:桐山徹也

ある朝、僕が目を覚まし、学校へ向かうとどこか見たことがある光景が繰り返されていた。 もしかして、時間がループしている? しかし僕にはループを引き起こすような特別な出来事は何もな...
あなたをずっと、さがしてた  著:蘇部健一小説

あなたをずっと、さがしてた  著:蘇部健一

奈子は、大学の通学路ですれ違う男性がとても素敵で、ずっと気になっていた。 話しかけることもできず親友・葵に相談するのが精一杯。 時は過ぎ、いつのまにか彼と会えなくなる。 ...
タイトルとURLをコピーしました