時代小説

塞王の楯  著:今村翔吾小説

塞王の楯  著:今村翔吾

幼い頃、落城によって家族を喪った石工の匡介。 彼は「絶対に破られない石垣」を造れば、世から戦を無くせると考えていた。 一方、戦で父を喪った鉄砲職人の彦九郎は「どんな城も落とす砲」で人を...
家康の女軍師  著:近衛龍春小説

家康の女軍師  著:近衛龍春

家康の側室於奈津は、鎧姿で関ヶ原の戦場に立った。 将軍の女影武者・軍師として戦況を見極めつつ、「お屋形様の本気を」と鼓舞。 小早川秀秋へ問い鉄砲を仕掛けさせる。 この女傑...
村上海賊の娘  著:和田竜小説

村上海賊の娘  著:和田竜

時は戦国。 乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。 村上海賊。 瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。 彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった...
小太郎の左腕  著:和田竜小説

小太郎の左腕  著:和田竜

一五五六年。 勢力図を拡大し続ける西国の雄、戸沢家は敵対する児玉家との戦いの時を迎えた。 戸沢家の武功者「功名漁り」こと林半右衛門は、児玉家で「功名餓鬼」の異名をとる花房喜兵衛...
忍びの国  著:和田竜小説

忍びの国  著:和田竜

時は戦国。 忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。 女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。 このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と...
のぼうの城 下  著:和田竜小説

のぼうの城 下  著:和田竜

「戦いまする!」 三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍...
のぼうの城 上  著:和田竜小説

のぼうの城 上  著:和田竜

戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。 そのなかに支城、武州・忍城があった。 周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。 ...
雨と短銃  著:伊吹亜門小説

雨と短銃  著:伊吹亜門

慶応元年、坂本龍馬の仲介により薩摩藩と長州藩は協約を結ばんとしていた。 長きに亘った徳川の世から新たな日本の夜明けを迎えるのだ。 しかし、一件の凶事が協約の締結を阻む。 上...
流れ星  著:小金持銅銭小説

流れ星  著:小金持銅銭

幕末にタイムスリップ!? 一人の男が巻き起こす、吉原の大革命。 現代ではあたりまえでも、江戸時代なら“大発明” 次々生まれる新たな品に魅了される人々。 しかし、事態は...
2021.06.09
影ぞ恋しき  著:葉室麟小説

影ぞ恋しき  著:葉室麟

吉良上野介の孫娘・香也を養女にした雨宮蔵人と咲弥夫婦のもとに信州諏訪から密使の冬木清四郎が。 かの地に配流された上野介の息子・義周が香也に一目会いたいというのだ。 諏訪に出向いた...
2021.06.09
燃えよ剣  著:司馬遼太郎小説

燃えよ剣  著:司馬遼太郎

幕末の激動期、武州多摩のバラガキだった土方歳三は、近藤勇、沖田総司らとともに、京へ上る。 京都守護職御預の名のもと、「新選組」を結成、池田屋事件などで、世にその名を轟かせていく。 ...
2021.06.11
漂流  著:吉村昭小説

漂流  著:吉村昭

江戸・天明年間、シケに遭って黒潮に乗ってしまった男たちは、不気味な沈黙をたもつ絶海の火山島に漂着した。 水も湧かず、生活の手段とてない無人の島で、仲間の男たちは次次と倒れて行ったが、土...
2021.06.13
秀吉の活  著:木下昌輝小説

秀吉の活  著:木下昌輝

織田信長への仕官を目指した就活、伴侶を求めた婚活、合戦で頭角を現すための勤活、天下取りに名乗りを上げた天活、跡取りづくりの妊活・・・ 乱世を駆け昇った豊臣秀吉は人生の分岐点に立った時、...
2021.06.13
初ものがたり  著:宮部みゆき小説

初ものがたり  著:宮部みゆき

鰹、白魚、鮭、柿、桜・・・ 江戸の四季を彩る「初もの」がからんだ謎また謎。 本所深川一帯をあずかる「回向院の旦那」こと岡っ引きの茂七が、子分の糸吉や権三らと難事件の数々に挑む。 ...
2021.06.13
桜ほうさら  著:宮部みゆき小説

桜ほうさら  著:宮部みゆき

父の汚名をすすごうと上総国から江戸へ出てきた古橋笙之介は、深川の富勘長屋に住むことに。 母に疎まれるほど頼りなく、世間知らずの若侍に対し、写本の仕事を世話する貸本屋の治兵衛や、おせっか...
2021.06.13
うき世櫛  著:中島要小説

うき世櫛  著:中島要

十五にして両親を失った結は、長屋で首を括ろうとしたところを元芸者の女髪結い・お夕に救われた。 ほかに生きる道のない結は、自らの不器用さを恨みながら、お夕のもとで修業に励む。 だが...
2021.06.13
じんかん  著:今村翔吾小説

じんかん  著:今村翔吾

民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした青年武将は、なぜ稀代の悪人となったか? 時は天正五年(一五七七年) ある晩、天下統一に邁進する織田信長のもとへ急報が。 信長に忠誠を尽...
2021.06.13
天と地と  著:海音寺潮五郎小説

天と地と  著:海音寺潮五郎

戦乱の続く越後の国。 守護代・長尾為景を父とする虎千代は、幼くして母を失し、父に故なくして疎んじられた挙句、養子に出されるも、忠臣金津新兵衛や百姓出の娘松江らに守られて武将の子として成...
2021.06.13
わかれ縁  著:西條奈加小説

わかれ縁  著:西條奈加

結婚して五年、定職にもつかず浮気と借金を繰り返す夫に絶望した絵乃は、身ひとつで家を飛び出し、離縁の調停を得意とする公事宿「狸穴屋」に流れ着く。 夫との離縁を望むも依頼できるだけの金を持...
2021.06.13
きたきた捕物帖  著:宮部みゆき小説

きたきた捕物帖  著:宮部みゆき

宮部みゆき、久々の新シリーズ始動! 謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。 舞台は江戸深川。 いま...
2021.06.13
女武将 板額  著:島政大小説

女武将 板額  著:島政大

かつて、越後国に絶大な勢力を誇った城一族。 彼らはなぜ、鎌倉幕府に無謀な戦いを挑んだのか? 史上名高い「鳥坂城の戦い」において“女性の身たりといえども百発百中の芸ほとんど父兄に越...
2021.06.13
タイトルとURLをコピーしました