のぼうの城 下  著:和田竜

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




のぼうの城 下  著:和田竜



「戦いまする!」

三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。

「これよ、これ。儂が求めていたものは。」

一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。

我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。

後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました