[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]

青春

溺れながら、蹴りつけろ  著:水瀬さら 小説

溺れながら、蹴りつけろ  著:水瀬さら

「本が好き」という趣味を通じて仲良くなった小学六年の高月麗と澤口比呂。 麗は澤口の提案でウェブ小説の投稿を始め、「好きなこと」に没頭する楽しさを感じていた。 しかし、一軍女子の冷やかしがきっかけで、麗は澤口の前で「あんなキモいヤツ」と悪口を...
どうしようもなく辛かったよ  著:朝霧咲 小説

どうしようもなく辛かったよ  著:朝霧咲

「特別になりたい」と願う中学生の若菜は、日々、バレー部での練習に明け暮れていた。 しかし三年生になると、顧問の異動によってチームは大きく動揺してしまう。 若菜の「ある提案」によって落ち着きを取り戻したチームは、最後の大会へ向かうのだが。 夏...
水面の花火と君の嘘  著:水瀬さら 小説

水面の花火と君の嘘  著:水瀬さら

大学1年生の早瀬瑞希は、久しぶりに帰郷する。 温かく迎えてくれる旧友に囲まれる瑞希だったが、彼には4年間抱き続ける後悔があった。 それは幼馴染の夏帆、大好きだった兄・千尋と三人で交わし、果たされなかったある約束。 あの日、自分が素直であれば...
サクラサク、サクラチル  著:辻堂ゆめ 小説

サクラサク、サクラチル  著:辻堂ゆめ

“絶対に東大合格しなさい” それは愛、だったのだろうか。 両親の熱烈な期待に応えるため、高校三年生の染野高志は勉強漬けの日々を送っていた。 ある日高志はクラスメートの星という少女から、自身をとりまく異常な教育環境を「虐待」だと指摘される。 ...
夏の約束、水の聲  著:椎名寅生 ライトノベル

夏の約束、水の聲  著:椎名寅生

あの夏、人魚に出遭った。 十五の娘と死に至る呪い。 美しい海に囲まれた離島・玖輪島。 客の出迎えに波止場で待つ民宿の息子・辰水(たつみ)の前に現れたのは、十五歳の少女・沙織だった。 悩みを抱え、ひとりで島を訪れた沙織との淡い青春の日々は、夜...
夜に溶けたいと願う君へ  著:音はつき ライトノベル

夜に溶けたいと願う君へ  著:音はつき

高2の色葉は裕福な家で育ち、妹は天才ピアニスト。 学校ではみんなから頼られる優等生だが、毎晩のように家を出て夜の街へと向かってしまう。 誰にも言えない息苦しさから逃げるように。 そんなある夜、同じクラスの瓦井睦と家出中に偶然出会う。 学校で...
だから私は、今日も猫をかぶる  著:水月つゆ ライトノベル

だから私は、今日も猫をかぶる  著:水月つゆ

母が亡くなり、父が再婚したことがきっかけで“いい子゛を演じるようになった高2の花枝七海。 七海は家でも学校でも友達といるときも猫をかぶり、無理して笑って過ごしていた。 そんなある日、七海は耐え切れず日々の悩みをSNSに吐き出す。 すると突然...
夏の終わり、透明な君と恋をした  著:九条蓮 ライトノベル

夏の終わり、透明な君と恋をした  著:九条蓮

海殊の穏やかな高校生活は、同じ高校の美少女・琴葉との出会いで一変する。 なんの接点もなかった琴葉が、ひょんなことから海殊の家で居候をすることに。 同居生活の中で心を通わせ、次第に惹かれ合う2人だが、琴葉には「秘密」があった。 ある日を境に、...
この夏の星を見る  著:辻村深月 小説

この夏の星を見る  著:辻村深月

亜紗は茨城県立砂浦第三高校の二年生。 顧問の綿引先生のもと、天文部で活動している。 コロナ禍で部活動が次々と制限され、楽しみにしていた合宿も中止になる中、望遠鏡で星を捉えるスピードを競う「スターキャッチコンテスト」も今年は開催できないだろう...
風琴密室  著:村崎友 小説

風琴密室  著:村崎友

忍棚村に暮らす高校生の凌汰は、夏休みのバイトで幼馴染みたちと廃校の小学校を片付けていた。 そこへ東京から2人の少女が訪ねてくる。 ひとりは、6年前の一時期この小学校に通い、すぐに引っ越した「雨ちゃん」だった。 凌汰の脳裏に、兄・コーちゃんと...
その意図は見えなくて  著:藤つかさ 小説

その意図は見えなくて  著:藤つかさ

高校を舞台に、何かと同級生と比べてしまったり、将来に悩んだり、圧倒的な才能を持つ生徒を前に諦めてしまったりする高校生男女が 自分は何者なのか? これから先の自分は? と悩みながらも答えに行き着く姿を日常の謎を絡めて描く青春群像劇。 第42回...
トーキョー・クロスロード  著:濱野京子 ライトノベル

トーキョー・クロスロード  著:濱野京子

別人に変装して、ダーツにあたった山の手線の駅で降りてみる。 これが休日の栞の密かな趣味。 そこで出会ったかつての同級生、耕也となぜか縁がきれなくて。 素直になれない二人をジャズ喫茶のバンドマン、一児の母、辛口の秀才、甘えん坊の美少女(すべて...
願いながら、祈りながら  著:乾ルカ 小説

願いながら、祈りながら  著:乾ルカ

北の大地の片隅に、奇跡のようにぽつんと中学校の分校が残っていた。 1年生4人と3年生1人。 それほどの少人数でも、自称霊感少女もいれば、嘘つきといわれる少年もいる。 そこに赴任してきたのは、やる気ゼロの新米教師。 やがて彼が知ることになる少...
4TEEN  著:石田衣良 小説

4TEEN  著:石田衣良

東京湾に浮かぶ月島。 ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。 ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組。 それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって飛べるかもしれない。 友情、恋...
夜のピクニック  著:恩田陸 小説

夜のピクニック  著:恩田陸

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」 それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。 甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。 三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために。 学校生活の思い出や卒業後の...
島はぼくらと  著:辻村深月 小説

島はぼくらと  著:辻村深月

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。 朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。 フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。 ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。 淡い恋と友情、大人たちの覚...
青く滲んだ月の行方  著:青羽悠 小説

青く滲んだ月の行方  著:青羽悠

「ここからどうすればいい?」 僕がこう思っている時、きみは。 若者の真実を描く感動共作。 何かを「好き」と言える人を眩しく感じる隼人。 「女の子との遊びはクレーンゲームみたいなもの」と言ってみせる大地。 高校時代までは、周囲から認められて自...