[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

溺れながら、蹴りつけろ  著:水瀬さら

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






「本が好き」という趣味を通じて仲良くなった小学六年の高月麗と澤口比呂。

麗は澤口の提案でウェブ小説の投稿を始め、「好きなこと」に没頭する楽しさを感じていた。

しかし、一軍女子の冷やかしがきっかけで、麗は澤口の前で「あんなキモいヤツ」と悪口を言ってしまう。

この日を最後に話さなくなってしまった二人だったが、二年の月日が経ったある日の放課後、委員会活動で再会してしまい。


▼ 詳しくはこちらから ▼