[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
見習い天使 完全版  著:佐野洋 小説
NEW

見習い天使 完全版  著:佐野洋

機知横溢で完璧な構成美、意外な結末と小説としての面白さを求めたミステリ作家佐野洋の知る人ぞ知る傑作ショートショート集が完全版で復活。 ▼ 詳しくはこちらから ▼ 見習い天使 完全版posted with ヨメレバ佐野 洋/日下 三蔵 筑摩書...
つながりません スクリプター事件File  著:長岡弘樹 小説
NEW

つながりません スクリプター事件File  著:長岡弘樹

スクリプターとは 映画の制作現場において、撮影シーンの様子や内容、物語の繋ぎなどを管理する役目である。 記録とも呼ばれる。 監督のおれは、スクリプターの真野(まの)韻(ひびき)と初めて組んで撮影を行っていた。 「つながりません」が口癖だと聞...
ビタースイートワルツ  著:小路幸也 小説

ビタースイートワルツ  著:小路幸也

2000年、39歳になった“弓島珈琲”店主の私(弓島大)の元に二つの事件が舞い込んだ。 ダイの恩人であり常連客でもある三栖警部が、“ダイへ”というメッセージを残して失踪。 店を手伝う女子大生・あゆみからは、親友と連絡が取れないと相談される。...
ロング・ロング・ホリディ  著:小路幸也 小説

ロング・ロング・ホリディ  著:小路幸也

1981年、札幌。 喫茶店“D”でアルバイトをしている大学生・コウヘイのもとに、東京で働く姉が「しばらく泊めて」と現れた。 コウヘイは彼女がやって来た理由を聞けないまま、共同生活を始める。 一方“D”では、店長が突如「辞める」と言い出して。...
他に好きな人がいるから  著:白河三兎 小説

他に好きな人がいるから  著:白河三兎

「死にたがりなの?」 僕が白兎の被り物をした少女と出会ったのは、朝焼けに染まるマンションの屋上だった。 バケタカと呼ばれ命知らずな高所自撮りをSNSに投稿する彼女に、町中の若者が熱狂し正体を暴こうとしていた。 言われるがまま、僕は彼女のカメ...
来世の記憶  著:藤野可織 小説

来世の記憶  著:藤野可織

すぐそばにいる誰かの物語。 あたしの前世はおっさんだった。 (「前世の記憶」) 体が腐らないよう冷蔵庫の中で眠る少女。 (「れいぞうこ」) 切手占いに夢中で男の子の存在を忘れた女の子たち。 (「切手占い殺人事件」) 軽蔑する親友からの電話に...
黄色い夜  著:宮内悠介 小説

黄色い夜  著:宮内悠介

東アフリカの大国エチオピアとの国境付近。 ルイこと龍一は、そこで知り合ったイタリア人の男・ピアッサとE国へ潜入した。 バベルの塔を思わせる巨大な螺旋状の塔内に存在する無数のカジノが、その国の観光資源だった。 そこは、砂漠のなかに屹立するギャ...
指切りパズル  著:鳥飼否宇 小説

指切りパズル  著:鳥飼否宇

綾鹿市動物園で行われるチタクロリンのコンサート。 予想以上の集客で混乱する中メンバーの飯岡十羽が撫でようとしたレッサーパンダに指をかみ切られてしまう。 チーフ警備員の古林新男は綾鹿署の刑事・谷村の聴取に応じるうちになし崩し的捜査に協力してい...
ヌガー  著:筆沢鷹矢 小説

ヌガー  著:筆沢鷹矢

AIアシスタント・ヌガーは、人類を救う世紀の大発明。 になるはずだった。 Wikipedia型小説という斬新な形式で、人工知能が発達した先の“ありえるかもしれない未来”を描いた、禁断のSF作品。 ▼ 詳しくはこちらから ▼ ヌガーposte...
恋する殺人者  著:倉知淳 小説

恋する殺人者  著:倉知淳

“読書”の快楽が存分に味わえる、これぞ本格ミステリ。 大好きな従姉の転落死に不審を抱く大学生・高文は、彼に片思いするフリーター女子・来宮を“助手”に真相を探っていく。 大型猫科肉食獣を思わせる担当刑事・鷲津にあしらわれながら“捜査”を進める...
暗い引力  著:岩井圭也 小説

暗い引力  著:岩井圭也

欲望、保身、嫉妬。 さまざまな理由で人は嘘をつく。 妻に先立たれ養子の息子と向き合う老人。 仕事が忙しい妻を支える気弱な夫。 地方の美術館でくすぶり続ける学芸員。 倒産や理不尽なリストラで無職となった同級生たち。 借金苦から逃れようともがく...
まだ終わらないで、文化祭  著:藤つかさ 小説

まだ終わらないで、文化祭  著:藤つかさ

生徒によるサプライズが慣例の文化祭で宣戦布告のポスターが。 祭りの裏では高校生の思惑が交錯していて。 小説推理新人賞受賞第一作! 謎が散りばめられた青春ミステリー群像劇。 ▼ 詳しくはこちらから ▼ まだ終わらないで、文化祭posted w...
るん(笑)  著:酉島伝法 小説

るん(笑)  著:酉島伝法

舞台は、占いやまじないなどのスピリチュアルが科学と逆転した日本。 「免疫力の気持ちを、なぜ考えてあげない」 解熱剤を飲もうとして妻に叱責された夫は、高熱にうなされながら結婚式場で働き続けるが。 (「三十八度通り」) 重篤な病で末期状態の真弓...
少年籠城  著:櫛木理宇 小説

少年籠城  著:櫛木理宇

地方の温泉街の河原で、子どもの惨殺遺体が発見された。 警察は、小児わいせつ事件を繰り返していた十五歳の少年・当真への疑いを強める。 逃亡中の当真は警官の拳銃を強奪し、子分とともに子ども食堂に立てこもった。 自分は無実で、人質を殺されたくなけ...
動くはずのない死体 森川智喜短編集  著:森川智喜 小説

動くはずのない死体 森川智喜短編集  著:森川智喜

日常から浮遊する、5つの奇妙な謎と解決。 ドレスをズタズタにした犯人は、どこから来てどこへ逃げた?「幸せという小鳥たち、希望という鳴き声」 虫食いだらけの原稿を、前後の文章から推理して完全修復!?「フーダニット・リセプション名探偵粍島桁郎、...
サキの忘れ物  著:津村記久子 小説

サキの忘れ物  著:津村記久子

アルバイト先に忘れられた一冊の本。 それは誰からもまともに取り合ってもらえなかった千春がはじめて読み通した本となった。 十年後、書店員となった彼女の前に現れたのは。 (『サキの忘れ物』) 前の東京オリンピック以来の来日で、十二時間待ちの展示...
空の学校  著:高科幸子 小説

空の学校  著:高科幸子

トキトキと尖った崖が連なる山々を行く「私」 リュックに「広がる地図」を入れて。 「私」が旅するその土地には、安全な食べ物や服、薬を作って丁寧に暮らす人々、早く一年生になりたい子どもたち、おしゃべりな野菜や生き物たちがいた。 「私」はそこで大...
東京ピーターパン  著:小路幸也 小説

東京ピーターパン  著:小路幸也

平凡な日常をそれなりにこなす印刷会社のサラリーマン・石井は、人身事故を起こし、パニックで逃げてしまう。 伝説のギタリストでありながら、今はホームレスの辰吾、メジャーを夢見るバンドマン・小嶋を巻き込んで辿り着いた先は、寺の土蔵。 そこは引きこ...
金星の蟲  著:酉島伝法 小説

金星の蟲  著:酉島伝法

刷版工場で働く男の日常が徐々に悍ましい侵食を受けていく表題作。 人間から環形動物めいた姿に変えられた囚人の脱出劇「環刑錮」 異星の植物生態系と人類探査隊の攻防を描く「ブロッコリー神殿」のほか 『ウルトラマン』や『BLAME!』とのコラボ作品...
葬式同窓会  著:乾ルカ 小説

葬式同窓会  著:乾ルカ

「彼が不登校にならなかったら、世界は変わっていたのかな」 7年ぶりに再会した、北海道立白麗高校3年6組の元クラスメートたち。 それは同窓会ではなく、担任だった水野先生の葬儀だった。 思いがけず再会した皆は、水野が授業中に起こした“事件”が切...
人生の切り売り  著:亀山真一 小説

人生の切り売り  著:亀山真一

売れない小説家・神野あすみの前に現れた美形の男。 その男は、人間の魂を代償に何でもひとつ、願いを叶えてくれる悪魔だという。 契約を結び小説家として名を揚げていくあすみだが、いつの間にか小説の題材にした記憶を失っていて。 人ならざるものとの禁...
いっそこの手で殺せたら  著:小倉日向 小説

いっそこの手で殺せたら  著:小倉日向

元教師のライター・筒見芳晃は十歳年下の可愛い妻・絵梨、年頃の愛娘・沙梨奈と何不自由のない暮らしを営んでいた。 だが、穏やかな日々は突如一変する。 勤め先から妻が帰ってこない。 携帯電話も不通。 不吉な予感に駆られて交番を訪ねた芳晃は、驚天動...
ハートフル・ラブ  著:乾くるみ 小説

ハートフル・ラブ  著:乾くるみ

大学生の克己は実習グループの紅一点である亜紀に好意を抱く。 交際経験がなく、他の男子も彼女を狙っていると知り、一歩引いていた克己だが、亜紀から「二人で会いたい」と思わぬ誘いがあって。 (書き下ろし「数学科の女」) 他に日本推理作家協会賞候補...
11文字の檻 青崎有吾短編集成  著:青崎有吾 小説

11文字の檻 青崎有吾短編集成  著:青崎有吾

『体育館の殺人』をはじめとした論理的な謎解き長編に加え、短編の書き手としても人気を集めてきた青崎有吾。 JR福知山線脱線事故を題材にした「加速してゆく」 全面ガラス張りの屋敷で起きた不可能殺人を描く本格推理「噤ヶ森の硝子屋敷」 最強の姉妹を...
あなたの大事な人に殺人の過去があったらどうしますか  著:天祢涼 小説

あなたの大事な人に殺人の過去があったらどうしますか  著:天祢涼

横浜に本社を置くオオクニフーズの相模原支社に勤務する藤沢彩は、子どもの頃から自分の感情や思考を言葉にするのが苦手だ。 その性格もあり引っ込み思案で人との付き合いも苦手な彩だったが、仕事のことで思い悩んでいた時に声をかけてきた一年先輩の同僚社...
みんなのヒーロー  著:藤崎翔 小説

みんなのヒーロー  著:藤崎翔

特撮ヒーロー作品でかつて主役を演じるも、今ではすっかり落ちぶれた俳優・堂城駿真。 ある晩、麻薬を吸った帰り道に泥酔者をひき逃げしてしまう。 警察に怯える駿真の前に現れたのは、事故の瞬間を偶然撮影していた彼の熱狂的ファンの女だった。 彼女はそ...
チェス喫茶フィアンケットの迷局集  著:中村あき 小説

チェス喫茶フィアンケットの迷局集  著:中村あき

高校生の柚子子は、ある事情を抱えてチェス喫茶『フィアンケット』を訪れる。 偶然にも店の臨時マスターを務めていたのは、クラスメイトの世野だった。 柚子子の持ち込む不可解な謎を、推理力抜群の世野が鮮やかに解き明かす青春ミステリ。 ▼ 詳しくはこ...
古本食堂  著:原田ひ香 小説

古本食堂  著:原田ひ香

鷹島珊瑚は両親を看取り、帯広でのんびり暮らしていた。 そんな折、東京の神田神保町で小さな古書店を営んでいた兄の滋郎が急逝。 珊瑚がそのお店とビルを相続することになり、単身上京した。 一方、珊瑚の親戚で国文科の大学院生・美希喜は、生前滋郎の元...
777 トリプルセブン  著:伊坂幸太郎 小説

777 トリプルセブン  著:伊坂幸太郎

あの世界で一番不運な殺し屋が、また騒動に巻き込まれる。 『マリアビートル』では新幹線から降りられなかったが、今度は東京の超高級ホテルから出られない!? ▼ 詳しくはこちらから ▼ 777 トリプルセブンposted with ヨメレバ伊坂 ...
鏡の国  著:岡崎琢磨 小説

鏡の国  著:岡崎琢磨

大御所ミステリー作家・室見響子の遺稿が見つかった。 それは彼女が小説家になる前に書いた『鏡の国』という私小説を、死の直前に手直ししたものだった。 「室見響子、最後の本」として出版の準備が進んでいたところ、担当編集者が著作権継承者である響子の...
フォロー