クレインファクトリー  著:三島浩司小説
NEW

クレインファクトリー  著:三島浩司

AIの暴走に端を発したロボット戦争から七年。 その現場だったあゆみ地区で暮らす少年マドは、五つ年上のお騒がせ女子サクラから投げかけられた「心ってなんだと思う?」という疑問に悩んでいる。 ...
会社の裏に同僚埋めてくるけど何か質問ある?  著:夕鷺かのう小説
NEW

会社の裏に同僚埋めてくるけど何か質問ある?  著:夕鷺かのう

夢を抱いて地方公務員になった志帆。 しかし現実は病弱な同僚の仕事を押しつけられ、朝7時に登庁し深夜まで残業の日々を送っていた。 そしてあるクレームをきっかけに、志帆は同僚に消えてほ...
通天閣  著:西加奈子小説

通天閣  著:西加奈子

『さくら』で彗星のように華やかなデビューを飾った西加奈子の第4作にあたる長編小説。 冬の大阪ミナミの町を舞台にして、若々しく勢いのある文体で、人情の機微がていねいに描かれていく。 ...
インフルエンス  著:近藤史恵小説

インフルエンス  著:近藤史恵

小学二年生の友梨は、同じ団地に住む親友の里子が虐待されていることを知る。 誰にも言えないまま中学生になった時、憧れの存在・真帆を救うために友梨は男を刺してしまうのだが・・・ 不可解...
虚ろな十字架  著:東野圭吾小説

虚ろな十字架  著:東野圭吾

中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。 数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。 中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗...
金の角持つ子どもたち  著:藤岡陽子小説

金の角持つ子どもたち  著:藤岡陽子

突然、中学受験をすることを決意した小六の俊介。 大人達は戸惑うが、やがてその頑張りに周囲も変化していき・・・ 感動の長編小説。 ▼ ご購入はこちらから ▼ ...
少女は鳥籠で眠らない  著:織守きょうや小説

少女は鳥籠で眠らない  著:織守きょうや

15歳の少女に淫行をしたとして21歳の家庭教師が逮捕された。 家庭教師は示談条件である接近禁止を拒否し、起訴は免れない状況に。 困惑する新米弁護士の前に現れた被害者少女は、弁護士を...
おうちでハーレム  著:葉月奏太小説

おうちでハーレム  著:葉月奏太

葉月奏太、最新書き下ろし長編小説。 ▼ ご購入はこちらから ▼ おうちでハーレムposted with ヨメレバ葉月 奏太 竹書房 2021年05月31日頃 楽天...
夜廻  著:日本一ソフトウェア小説

夜廻  著:日本一ソフトウェア

早くに母親を亡くし、姉と支え合いながら、愛犬・ポロとともに生きてきた幼い少女。 ある夕暮れ時、少女がポロを散歩させていると、突如現れた大きな影がポロを飲み込んでしまう。 ひとり帰っ...
独立記念日  著:原田マハ小説

独立記念日  著:原田マハ

恋愛や結婚、進路やキャリア、挫折や別れ、病気や大切な人の喪失。 さまざまな年代の女性たちが、それぞれに迷いや悩みを抱えながらも、誰かと出会うことで、何かを見つけることで、今までは「すべて...
秘書のひめごと  著:多加羽亮小説

秘書のひめごと  著:多加羽亮

江藤夏帆は大手食品メーカーの社長秘書。 だが、裏では社長の命を受けて、社内にはびこる不正や悪事を秘密裡に調査・解決する特命社員だった。 そして夏帆は、その美貌でITに精通する若手社...
内閣裏官房  著:安達瑶小説

内閣裏官房  著:安達瑶

「内閣官房副長官室」 永田町の雑居ビルに、人知れずその組織は存在した。 政府与党の足を引っ張る不祥事や不正を秘密裏に揉み消し、尻拭いする汚れ仕事のプロ集団。 陸上自衛隊出身の...
5分後に慄き極まるラスト  著:エブリスタ小説

5分後に慄き極まるラスト  著:エブリスタ

小説投稿サイト「エブリスタ」に集まった200万作の中から、珠玉の作品をまとめた短編小説集。 毎日忙しい今だからこそ、時にはガツンと魂を揺さぶられたいときがある。 そのためには5分あ...
美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星  著:西尾維新小説

美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星  著:西尾維新

十年前に一度だけ見た星を探す少女。 私立指輪学園中等部二年の瞳島眉美。 彼女の探し物は、学園のトラブルを非公式非公開非営利に解決すると噂される謎の集団「美少年探偵団」が請け負うこと...
2021.06.09
僕が恋した、一瞬をきらめく君に。  著:音はつき小説

僕が恋した、一瞬をきらめく君に。  著:音はつき

サッカー選手になる夢を奪われ、なにもかもを諦めていた高2の樹。 転校先の高校で友達も作らず、ひとりギターを弾くのだけが心落ち着く時間だった。 ある日公園で弾き語りをしているのを同級...
2021.06.09
ウルトラ・ダラー  著:手嶋龍一小説

ウルトラ・ダラー  著:手嶋龍一

国家の謀略を暴いた「現代の黙示録」 ダブリンに新種の偽百ドル札「ウルトラ・ダラー」あらわる。 一報を受けたBBCの東京特派員にして英国情報部員のスティーブンは、インテリジェンスを頼...
2021.06.09
構造素子  著:樋口恭介小説

構造素子  著:樋口恭介

売れないSF作家だった父ダニエルの死後、エドガーは母ラブレスから未完の草稿を渡される。 その物語内で、人工意識の研究者だった両親は子をもうけるかわりに人工意識、エドガー001を構築した。...
2021.06.09
希望荘  著:宮部みゆき小説

希望荘  著:宮部みゆき

今多コンツェルン会長の娘である妻と離婚した杉村三郎は、愛娘とも別れ、仕事も失い、東京都北区に私立探偵事務所を開設する。 ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調...
2021.06.09
夫のちんぽが入らない  著:こだま小説

夫のちんぽが入らない  著:こだま

同じアパートに暮らす先輩と交際を始めた“私” だが初めて交わろうとした夜、衝撃が走る。 彼の性器が全く入らないのだ。 その後も「入らない」一方で、二人は精神的な結びつきを強め...
2021.06.09
ボクたちはみんな大人になれなかった  著:燃え殻小説

ボクたちはみんな大人になれなかった  著:燃え殻

それは人生でたった一人、ボクが自分より好きになったひとの名前だ。 気が付けば親指は友達リクエストを送信していて、90年代の渋谷でふたりぼっち、世界の終わりへのカウントダウンを聴いた日々が...
2021.06.09
ぼくんちの宗教戦争!  著:早見和真小説

ぼくんちの宗教戦争!  著:早見和真

「ぼくだけはしっかりしていなければ」 父の事故をきっかけに、両親は別々の神さまを信じはじめ、家族には“当たり前”がなくなった。 信じられるのは、一足先に大人になってしまった親友の龍...
2021.06.09
私の夫は冷凍庫に眠っている  著:八月美咲小説

私の夫は冷凍庫に眠っている  著:八月美咲

結婚以来、夫である亮の暴力に耐え続けてきた夏奈は、ある夏の日、ついに亮を殺してしまう。 死体の隠し場所に困った夏奈は、亮の死体を物置の冷凍庫に隠す。 しかし翌朝、何事もなかったよう...
2021.06.09
赤い博物館  著:大山誠一郎小説

赤い博物館  著:大山誠一郎

警視庁付属犯罪資料館、通称「赤い博物館」の館長・緋色冴子はコミュニケーション能力は皆無だが、ずば抜けた推理力を持つ美女。 そんな冴子の手足となって捜査を行うのは、部下の寺田聡。 過...
2021.06.09
どこから行っても遠い町  著:川上弘美小説

どこから行っても遠い町  著:川上弘美

捨てたものではなかったです、あたしの人生。 男二人が奇妙な仲のよさで同居する魚屋の話、真夜中に差し向かいで紅茶をのむ主婦と姑、両親の不仲をみつめる小学生、そして裸足で男のもとへ駆けていっ...
2021.06.09
正しい女たち  著:千早茜小説

正しい女たち  著:千早茜

不倫に悩む親友にわたしがしたこと(温室の友情) 同じマンションに住む女に惹きつけられる男(偽物のセックス) 残り少ない日を過ごす夫婦の姿(幸福な離婚) 偏見や差別、セックス、...
2021.06.09
行動心理捜査官・楯岡絵麻 vs ミステリー作家・佐藤青南  著:佐藤青南小説

行動心理捜査官・楯岡絵麻 vs ミステリー作家・佐藤青南  著:佐藤青南

とある小説家の信者が、そのアンチを狙って殺人を犯した。 小説家の名前は佐藤青南。 オンラインサロンを主宰し、その会員に小説を大量購入させるなど、きな臭い噂がつきまとう人物だ。 ...
2021.06.09
花が咲くとき  著:乾ルカ小説

花が咲くとき  著:乾ルカ

大介は札幌に住む小学六年生。 自らの鬱憤を晴らすため、隣家に住む謎の老人が育てる痩木の花芽を削いでいた。 ところが、夏休みに入るとすぐ、花はひっそりと咲いた。 途端、旅支度を...
2021.06.09
ふたりみち  著:山本幸久小説

ふたりみち  著:山本幸久

67歳の元ムード歌謡歌手ゆかりは失くした金のため函館から東京までドサ回りの旅に出た。 途中知り合った12歳の家出少女縁が彼女の歌に感動して勝手についてくるが、公演は行く先々でトラブルに遭...
2021.06.09
声の在りか  著:寺地はるな小説

声の在りか  著:寺地はるな

「こんなところにいたくない」 パート帰りの希和が見つけたのは、小学四年生の息子・晴基とそっくりの筆跡で書かれた切実なメッセージだった。 本人に真意を問いただすことも夫に相談すること...
2021.06.09
おっさんたちの黄昏商店街  著:池永陽小説

おっさんたちの黄昏商店街  著:池永陽

廃れゆく商店街をなんとかしようと独り身のおっさんたちが「町おこし推進委員会」を結成したが・・・ 自らの過ちで娘を死なせた裕三は、二十数年の間、苦悩の底にいた。 いまや絶滅危惧種とも...
2021.06.09
フォロー
タイトルとURLをコピーしました