涼宮ハルヒの驚愕  著:谷川流ライトノベル

涼宮ハルヒの驚愕  著:谷川流

長門が寝込んでいるだと? 原因は宇宙人別バージョンの女らしいが、どうやらSOS団もどきのあの連中は俺に敵認定されたいらしい。 やれやれ、勘違いされているようだが、俺もいい加減頭...
猫物語 (白)  著:西尾維新小説

猫物語 (白)  著:西尾維新

何でもは知らないけれど、阿良々木くんのことは知っていた。 完全無欠の委員長、羽川翼は二学期の初日、一頭の虎に睨まれた。 それは空しい独白で、届く宛のない告白・・・ 「物語...
その先の道に消える  著:中村文則小説

その先の道に消える  著:中村文則

アパートの一室で発見された緊縛師の死体。 重要参考人として、刑事・富樫が惹かれていた桐田麻衣子の名が挙がる。 犯人は誰か。 事件の背後にあるものとは。 『美しい星』な...
魔法科高校の劣等生 入学編  著:佐島勤ライトノベル

魔法科高校の劣等生 入学編  著:佐島勤

魔法。 それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。 そして、春。 今年も新入生の季節が訪れた。 国立魔法大学付属第一高校ー通...
悲球伝  著:西尾維新小説

悲球伝  著:西尾維新

突如途絶えた、人工衛星“悲衛”の消息。 乗船していたのは空々空と地球撲滅軍九名だった。 地上残留組の元魔法少女・杵槻鋼矢と手袋鵬喜、人造人間『悲恋』は、捜索を開始。 アフ...
継母の連れ子が元カノだった  著:紙城境介ライトノベル

継母の連れ子が元カノだった  著:紙城境介

ある中学校である男女が恋人となり、イチャイチャして、些細なことですれ違い、ときめくことより苛立つことのほうが多くなって・・・卒業を機に別れた。 そして高校入学を目前に二人は・・・ ...
紫ノ宮沙霧のビブリオセラピー  著:坂上秋成小説

紫ノ宮沙霧のビブリオセラピー  著:坂上秋成

洋館めいた店内に入ると、そこには壁一面の本と、書店には不釣り合いなドレスに身を包む美貌の女性、夢音堂書店の店主、紫ノ宮沙霧がいた。 日常の繰り返しに飽き飽きしていた少年、書けない少説...
柘榴パズル  著:彩坂美月小説

柘榴パズル  著:彩坂美月

「この夏が、永遠に続けばいいのに」 とぼけたお祖父ちゃん、明るいお母さん、クールなお兄ちゃん、甘ったれの妹。 十九歳の美緒を囲む、仲のいい家族の日常。 身近で起こる奇妙な...
モルグ街の美少年  著:西尾維新小説

モルグ街の美少年  著:西尾維新

美少年探偵団の活躍を覚えておられるだろうか。 綺羅星の捜索で幕を開け、指輪学園を退廃から救うための死闘で幕を閉じた、はずだった。 めくるめく冒険が綴られた彼らの事件簿には、語ら...
カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています  著:御宮ゆうライトノベル

カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています  著:御宮ゆう

クリスマス直前に彼女に浮気された大学二年・羽瀬川悠太。 そんな絶賛傷心中の俺の家に、今日もあいつが遊びにくる。 なにかと俺をからかってはケラケラ笑い、勝手に家にまで上がり込んで...
幼なじみが絶対に負けないラブコメ  著:二丸修一ライトノベル

幼なじみが絶対に負けないラブコメ  著:二丸修一

幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。 家は隣で見た目はロリ可愛。 陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。 でも俺には、初恋の美少女...
俺を好きなのはお前だけかよ  著:駱駝ライトノベル

俺を好きなのはお前だけかよ  著:駱駝

ここで質問。 もし、気になる子からデートに誘われたらどうする? しかもお相手は一人じゃない。 クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼馴染み・ひまわりという二大美少女!! ...
掟上今日子の鑑札票  著:西尾維新小説

掟上今日子の鑑札票  著:西尾維新

殺人未遂事件の容疑者にされた青年・隠館厄介。 いつも通り忘却探偵・掟上今日子に事件解決を依頼するも、その最中、今日子さんが狙撃されてしまう。 一命を取り留めた彼女だったが、最速...
我らが少女A  著:高村薫小説

我らが少女A  著:高村薫

一人の少女がいた・・・ 合田、痛恨の未解決事件。 12年前、クリスマスの早朝。 東京郊外の野川公園で写生中の元中学美術教師が殺害された。 犯人はいまだ逮捕されず、当...
オーバーライト  著:池田明季哉ライトノベル

オーバーライト  著:池田明季哉

グラフィティ。 それは俺と彼女の想いすら鮮やかに上書く、儚い絵の魔法。 ブリストルに留学中の大学生ヨシは、ある日バイト先の店頭に落書きを発見する。 普段は気怠げ、だけど絵に...
光車よ、まわれ!  著:天沢退二郎ライトノベル

光車よ、まわれ!  著:天沢退二郎

はじまりは、ある雨の朝。 登校した一郎は、周囲の様子がいつもと違うことに気づく。 奇怪な事件が続出する中、神秘的な美少女・龍子らとともに、不思議な力を宿すという“光車”を探すこ...
ランウェイ・ビート  著:原田マハ小説

ランウェイ・ビート  著:原田マハ

ある日現われたおしゃれな転校生ビートは、イジメられっ子犬田のファッションを大改造して一躍クラスの人気者に。 「誰にでもポテンシャルはある!」 ビートの魔法の言葉に勇気づけられ、フ...
俺の姪は将来、どんな相手と結婚するんだろう?  著:落合祐輔ライトノベル

俺の姪は将来、どんな相手と結婚するんだろう?  著:落合祐輔

「叔父さん、私のご飯美味しい?」 芝井結二、28歳。 彼の暮らすワンルームには、料理や掃除など身の回りの世話をしてくれる女子高生、姪の絵里花が通っている。 姪。 つま...
わざわざゾンビを殺す人間なんていない。  著:小林泰三小説

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。  著:小林泰三

地球上の全ての生物がウイルスに感染し、誰もがいずれ活性化遺体(ゾンビ)になる世界。 ゾンビは家畜ゾンビとして施設で管理されるか、野良ゾンビとして徘徊する。 そんな中、ある細胞活性...
プロペラオペラ  著:犬村小六ライトノベル

プロペラオペラ  著:犬村小六

極東の島国・日之雄。 その皇家第一王女イザヤ18歳。 彼女は、重雷装飛行駆逐艦「井吹」の艦長である。 もちろん乗組員全員彼女の大ファン! そんな「井吹」に突然部下とし...
正義の天秤  著:大門剛明小説

正義の天秤  著:大門剛明

名門・師団坂法律事務所。 しかし創設者を喪って以来、事務所の経営は下降の一途。 創設者の娘で弁護士の芽依は、助っ人として、元医師で弁護士の鷹野和也を海外から招聘する。 ほっ...
Just Because!  著:鴨志田一ライトノベル

Just Because!  著:鴨志田一

「あいつを好きな君の横顔が、たまらなく綺麗だったから」 中学時代に福岡へ転校した瑛太は、高校生活残り3ヵ月という時期に、再び父の転勤のため地元・鎌倉へ戻ることになる。 転入した高...
もっと、わたしを  著:平安寿子小説

もっと、わたしを  著:平安寿子

口べた堅太り優柔不断。 お世辞にもモテるとは言えない真佐彦がトイレに監禁されたのは、なんと彼女に二股がバレたから。 ドアの外で二人の女が言い争うド修羅場の中、いつしか真佐彦は「自...
もう一つのシアター!  著:有川浩ライトノベル

もう一つのシアター!  著:有川浩

春川巧が主宰を務める小劇団『シアターフラッグ』 300万の負債を抱え解散の危機が迫る劇団に、地方都市の高校から学校公演の依頼が舞い込む。 利益が見込めないことを理由に反対する鉄血...
平凡  著:角田光代小説

平凡  著:角田光代

「月が笑う」 妻に離婚を切り出され取り乱す夫と、その心に甦る幼い日の記憶。 「平凡」 人気料理研究家になったかつての親友・春花が、訪れた火災現場跡で主婦の紀美子にした意外な頼みごと...
5分後に先輩にときめく恋  著:恋する実行委員会ライトノベル

5分後に先輩にときめく恋  著:恋する実行委員会

普段はコワい部活の先輩も、休日に会ったら? (「レンズの向こうに何をみる」) 放課後、運動部の先輩に差しいれを渡したら? (「餌付け」) 卒業式に告白した先輩が、家庭教師に?...
誰かが見ている  著:宮西真冬小説

誰かが見ている  著:宮西真冬

ブログで賞賛されたいがために、虚偽の「幸せな育児生活」を書くことが止められない千夏子。 年下の夫とのセックスレスに悩む結子。 職場のストレスで過食に走り、恋人との結婚だけに救いを...
きみがすべてを忘れる前に  著:喜多南ライトノベル

きみがすべてを忘れる前に  著:喜多南

二年前、目の前で発生した交通事故で親友・瑠璃を失った小谷桃花。 それ以来桃花は、幽霊となった親友が、見えないながらも常にそばにいる気配を感じるようになった。 彼女にもう一度会いた...
すべての幸福をその手のひらに  著:沖田円小説

すべての幸福をその手のひらに  著:沖田円

公立高校に通う深川志のもとに、かつて兄の親友だった葉山司が、ある日突然訪ねてくる。 それは7年前に忽然と姿を消し、いまだ行方不明となっている志の兄・瑛の失踪の理由を探るため。 志...
明日、世界が消える前に  著:霜月りつライトノベル

明日、世界が消える前に  著:霜月りつ

一面を白いもやで覆われた場所“死整庁”は、あの世とこの世の狭間。 ある日、その職員の“担い手”コンビのもとに、文化祭準備中に事故に遭った女子高生・あき奈がやって来る。 『時間内に...
タイトルとURLをコピーしました