[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

青春をクビになって  著:額賀澪

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






瀬川朝彦、35歳。

無給のポスト・ドクターである。

学生時代に魅了された古事記の研究に青春を賭してきたが、教授職など夢のまた夢。

契約期間の限られた講師として大学間を渡り歩く不安定な毎日だ。

古事記への愛は変わらないが、今や講師の座すら危うく、研究を続けるべきかの煩悶が続いている。

そんな折、ゼミ時代の先輩が大学の貴重な資料を持ったまま行方不明になってしまうという事件が。

45歳の高齢ポスドク”となっていた先輩は、講師の職も失い、なかばホームレス状態だったという。

先輩は資料を「盗んだ」のか?

自らの意志で「失踪」したのか?

そして、朝彦の下した将来への決断は?


▼ 詳しくはこちらから ▼