[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

空の学校  著:高科幸子

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






トキトキと尖った崖が連なる山々を行く「私」

リュックに「広がる地図」を入れて。

「私」が旅するその土地には、安全な食べ物や服、薬を作って丁寧に暮らす人々、早く一年生になりたい子どもたち、おしゃべりな野菜や生き物たちがいた。

「私」はそこで大人たちを手伝い、子どもたちと笑い合って、学んでいく。

歩くほどに地図が広がり、水瓶の底も深くなる。学び多き不思議ワールド。


▼ 詳しくはこちらから ▼