未亡人倶楽部  著:睦月影郎

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




未亡人倶楽部  著:睦月影郎
3.5


短大で助手をしているシャイな七男は夏休みの間、教え子の愛の紹介で彼女の母親が経営する会社でアルバイトをすることになった。

その会社には、四人の女性が働いており、全員が未亡人。

そして、巫女を思わせる神秘的な雰囲気を持つ処女の愛から衝撃的な話を聞かされる。

なんと四人の後家の欲求を鎮めて性的に満足させると、七男にはある能力が宿り、さらには彼女たちの会社と人生にも幸運がもたらされるという。

愛の話を聞いた七男は、一肌といわずに全てを脱ぐ勢いで動きだし。

快楽を知る未亡人たちとの遠慮会釈もないみだらな性宴に、欲望はとどまることを知らず・・・


▼ 詳しくはこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました