[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

どうしようもなく辛かったよ  著:朝霧咲

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






「特別になりたい」と願う中学生の若菜は、日々、バレー部での練習に明け暮れていた。

しかし三年生になると、顧問の異動によってチームは大きく動揺してしまう。

若菜の「ある提案」によって落ち着きを取り戻したチームは、最後の大会へ向かうのだが。

夏から、少女たちは「それぞれの最終学年」に直面することになった。

学業優秀な真希、学校を休み続ける愛美、裏と表をうまく使い分ける桜、ルールから逸脱することができないくるみ。

部活というつながりを失った少女たちが隠してきた本心、我慢してきた関係性。

少女たちの卒業までの日々が、始まった。


▼ 詳しくはこちらから ▼