[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

最愛の  著:上田岳弘

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






「約束して。私のことは跡形もなく忘れる、と。」

久島は、情報も欲望もそつなく処理する「血も涙もない的確な現代人」として日常を生きている。

だが、学生時代に手紙を交わしつづけた望未だけが、人生唯一の愛として、いまだ心を離れない。

望未は手紙の始まりで必ず「最愛の」と呼びかけながらも、常に「私のことは忘れて」と願い、何度も久島の前から姿を消そうとした。

今その願いを叶えるべく、久島は自分のためだけの文章を書き始める。


▼ 詳しくはこちらから ▼