人妻食堂  著:橘真児

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




人妻食堂  著:橘真児



ある夜、充義は道を間違えて、見知らぬ食堂に入ることに。

店にいた女性に聞くと、本来は子ども食堂で、近所の人妻たちが始めたボランティアなのだと。

定食を食べて出ようとすると、彼女が「疲れているみたい。元気を出して。」と抱きしめてきた。

そのまま奥へ移動して・・・

数日後、また帰りに寄ってみると、今度は別の人妻が・・・


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました