田舎の未亡人  著:八神淳一

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




田舎の未亡人  著:八神淳一



亮一はある山間の分校に赴任するため、バスで村に向かっていた。

前任から、その村には若い女がいないと聞き、30歳までに童貞を卒業することはあきらめていたが、バスを降りると若い女性の姿が!

聞けば彼女は里奈といい、下宿先の娘で35歳の未亡人だという。

さらにその村では、女性が男性の背中を流す風習があるらしい。

その夜、亮一が露天風呂に入っていると、一目で巨乳とわかる、バスタオル姿の里奈が現れ。

それをきっかけに熟れた肉体を持てあます未亡人と次々に・・・

魅惑の村性活がはじまった。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました