[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

日曜劇場 VIVANT(下)  著:福澤克雄

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






乃木憂助は、野崎たち公安を利用しながら日本を最終標的にしているというテロ組織・テントを追っていた。

その途中で、テントの指導者が誰なのか、その正体に気づいてしまう。

葛藤を抱えたまま、『別班』はついに標準を定めた。

それぞれの正義が交差し、事態は思わぬ結末を迎える。

最後に選ぶのは。

「ようやく、罪を償う時が来た。」


▼ 詳しくはこちらから ▼