[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

詐欺師の誤算  著:笹倉明

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






返済の約束は再三にわたって破られたが、その日には間違いなく入金される予定であった。

銀行に入金を確かめるため、玄関を出ようとしたその時、電話が鳴った。

受話器をとると、その男は「警視庁の者」だと名乗り、金を貸している「相手の名前」を告げ、「知っているかどうか」を訊ねてきた。

それが、事件の始まりであった。


▼ 詳しくはこちらから ▼