[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

黒い糸  著:染井為人

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






千葉県の結婚相談所でアドバイザーとして働くシングルマザーの平山亜紀は、顧客とトラブルを起こして以来、無言電話などの嫌がらせに苦しめられている。

亜紀の息子・小太郎が通う小学校の六年二組でも、クラスメイトの女児が失踪する事件が起きていた。

事件後に休職した担任の後を引き継いだ長谷川祐介は、クラス委員長の倉持莉世から、転入生の母親が犯人だという推理を聞かされて戸惑うが、今度はその莉世が何者かに襲われ意識不明の重体となる。

クラスの周辺で立てつづけに起きる事件の犯人は同一なのか、またその目的とは?


▼ 詳しくはこちらから ▼