[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

古本食堂  著:原田ひ香

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






鷹島珊瑚は両親を看取り、帯広でのんびり暮らしていた。

そんな折、東京の神田神保町で小さな古書店を営んでいた兄の滋郎が急逝。

珊瑚がそのお店とビルを相続することになり、単身上京した。

一方、珊瑚の親戚で国文科の大学院生・美希喜は、生前滋郎の元に通っていたことから、素人の珊瑚の手伝いをすることに。

カレー、中華など神保町の美味しい食と思いやり溢れる人々、奥深い本の魅力が一杯詰まった幸福な物語。


▼ 詳しくはこちらから ▼