[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

ここでは誰もが嘘をつく  著:嶋中潤

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






函館にある医療刑務所分院に勤める金子由衣は、2年目の矯正医官。

医療刑務所では、患者である受刑者の平均年齢も高く、凶悪な罪を犯した者も基礎疾患などを抱え医師の助けを必要としている。

一方で不調を訴え刑務作業逃れをしようとする者も多い。

受刑者の過去の罪と患者としての現在の状況を毎日のように目の当たりにし、贖罪とは何かを考える由衣だったが、当直の晩、糖尿病を患っていた前科四犯の受刑者が亡くなった。

これは医療事故か、あるいは殺人事件なのか。

この仕事は、誰かがやらなければいけない。

目の前の患者を救うことを、分け隔てなく。


▼ 詳しくはこちらから ▼