[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

祝祭の子  著:逸木裕

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]






十四年前、宗教団体“褻”が運営する施設内で大量殺人事件を起こし世間を震撼させた。

団体トップの石黒望がコミューンで育った子供たちに信者らの殺害を命じたのだ。

子供たちは“生存者”と呼ばれ、事件後も後ろ指をさされる生活をしている。

そのうちの一人・夏目わかばは警察から石黒の遺体が発見されたことを聞く。

石黒は名前を変え整形手術をし十年以上別人として生きていた。

混乱しているさなか、わかばが何者かに襲われたところで、かつての仲間と再会し。


▼ 詳しくはこちらから ▼