久遠の檻  著:知念実希人

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




久遠の檻  著:知念実希人
3.5


かつてアイドルとして芸能活動をしていた少女、楯石希津奈。

十五年以上の時を経て、彼女がまったく同じ容姿で現れたことに驚いた精神科部長の墨田淳子は、統括診断部の天久鷹央に診察を依頼する。

だが、検査をしようとした矢先、父親が現れ、希津奈は連れ去られてしまう。

ミイラ化した遺体。

自殺からの復活。

相次ぐ不可思議な現象の真実とは?

現役医師が描く医療ミステリー!


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました