サンタクロースを殺した。そして、キスをした。  著:犬君雀

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




サンタクロースを殺した。そして、キスをした。  著:犬君雀



聖夜を間近に控えた12月初旬。

先輩にフラれた僕は駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。

クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに。

そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。

「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」

彼女の持つノートは『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。

ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。

だから「私と、疑似的な恋人になってください」

これは僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。

第14回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました