友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう  著:としぞう

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう  著:としぞう
3.5


白木求のアパートに突然押しかけてきた宮前朱莉。

兄思いの良い子で、学年超えて噂されるほどの美少女という印象しかなかった朱莉が突然、兄の借金のカタとして身を差し出してきたのだ。

それも、500円のために。

「兄が借金を返すまで、私は喜んで先輩の物になります!」

となぜか嬉しそうに宣言するしまつ。

あまりに突飛な展開に戸惑う求だったが、そんな彼を強引に言いくるめ、朱莉は着々と居候の準備を進めていく。

当然この借金のカタ云々には裏があり。

ぐいぐい来る美少女とのワンルームドキドキ同棲生活がはじまる。


▼ ご購入はこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました