夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく  著:汐見夏衛

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく  著:汐見夏衛



高2の茜は、誰からも信頼される優等生。

しかし、隣の席の青磁にだけは「嫌いだ」と言われてしまう。

茜とは正反対に、自分の気持ちをはっきり言う青磁のことが苦手だったが、茜を救ってくれたのは、そんな彼だった。

「言いたいことあるなら言っていいんだ。俺が聞いててやる」

実は茜には、優等生を演じる理由があった。

そして彼もまた、ある秘密を抱えていて。

青磁の秘密と、タイトルの意味を知るとき、温かな涙があふれる。


▼ 詳しくはこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました