[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

たとえば君が虚像の世界  著:くらゆいあゆ

小説
[本ページはプロモーションが含まれています]








高一の栗原星莉は、幼なじみの杉崎颯河にひそかに想いを寄せていた。

人気者の颯河に対し、星莉はごく普通の目立たない女子。

彼女になりたい気持ちをぐっと押し殺して、颯河と登校できる偶然に喜ぶ日々だった。

そんなある日、星莉は自分のノートに、ある殴り書きがされているのを見つける。

そこには、「未来のセリ」からの信じられないようなメッセージがあって・・・


▼ 詳しくはこちらから ▼