自分を愛しすぎた女  著:大石圭

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




自分を愛しすぎた女  著:大石圭
3.5


わたしは特別。

みんなとは違う。

何者かになるべき存在。

幼い頃から、今井花梨はそう思い込んできた。

三十二歳になった今は、もう、いくら何でもそんなふうには考えない。

考えられない。

それでも、「人に注目されたい」「みんなから羨ましがられたい」という強迫的な願望から、どうしても逃れられずにいる。

そんな花梨が陥った罠は、あまりにもエロティックな匂いに満ち満ちていた。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました