涼宮ハルヒの陰謀  著:谷川流

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




涼宮ハルヒの陰謀  著:谷川流
3.5


年末から気にしていた懸案イベントも無事こなし、残りわずかな高一生活をのんびりと楽しめるかと思いきや、ハルヒがやけにおとなしいのが気に入らない。

こんなときには必ず何かが起こる予感のそのままに、俺の前に現れたのは8日後の未来から来たという朝比奈さんだった。

しかも、事情を全く知らない彼女をこの時間に送り出したのは、なんと俺だというのだ。

未来の俺よ、いったい何を企んでいるんだ!?


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました