少年と犬  著:馳星周

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




少年と犬  著:馳星周



家族のために犯罪に手を染めた男。

拾った犬は男の守り神になった、男と犬。

仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指す、泥棒と犬。

壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいた、夫婦と犬。

体を売って男に貢ぐ女。

どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だった、娼婦と犬。

老猟師の死期を知っていたかのように、その犬はやってきた、老人と犬。

震災のショックで心を閉ざした少年は、その犬を見て微笑んだ、少年と犬。


▼ 詳しくはこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました