ひだまりで彼女はたまに笑う。  著:高橋徹

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ひだまりで彼女はたまに笑う。  著:高橋徹
3.5


高校生活初日の朝、佐久間伊織は銀髪碧眼の少女と猫が相対している場面に遭遇する。

近づく猫に対して困惑気味の少女が発する言葉は。

「こ、こっちに来ちゃだめにゃー」

思わぬセリフに困惑する伊織に気づき、足早に去る少女。

これが涼原楓との出会いであった。

楓と同じ高校、同じクラスとなった伊織だが、楓を見ているうちに、彼女がほとんど感情を表に出さないことに気づく。

だが偶然楓の笑顔を目にしたことで、伊織は心動かされ。

感情の乏しい少女を笑顔にさせる、甘くも焦れったい恋の物語が幕を開ける。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました