鬼滅の刃 無限列車編  著:吾峠呼世晴

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




鬼滅の刃 無限列車編  著:吾峠呼世晴
3.5


蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。

そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。

一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼に立ち向かうのだった。


▼ ご購入はこちらから ▼

 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました