明日、君が死ぬことを僕だけが知っていた  著:加賀美真也

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




明日、君が死ぬことを僕だけが知っていた  著:加賀美真也
3.5


「僕は小説家にはなれない・・・」

事故がきっかけで予知夢を見るようになった公平は、自身の夢が叶わない未来を知り無気力な人間となっていた。

そんなある日、彼はクラスの人気者・愛梨が死ぬという衝撃的な未来を見てしまう。

愛梨の魅力を認めながらも、いずれいなくなる彼女に心を開いてはいけないと自分に言い聞かせる公平。

そんな時、ひょんなことから愛梨が死亡するという予知を本人に知られてしまい。

「私はそれでも、胸を張って生きるよ」

正反対のふたりが向き合うとき、切なくも暖かな、別れへの時間が動き出す。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました