ふたりみち  著:山本幸久

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ふたりみち  著:山本幸久



67歳の元ムード歌謡歌手ゆかりは失くした金のため函館から東京までドサ回りの旅に出た。

途中知り合った12歳の家出少女縁が彼女の歌に感動して勝手についてくるが、公演は行く先々でトラブルに遭い中止。

落ち込むゆかりを縁が支えるようになり、55歳の年の差を超え2人は強い絆で結ばれていく。

だがゆかりには彼女にも言えない悲しい過去があった。

笑って笑って、ラスト1行に涙する人生讃歌。

書き下ろし掌編も収録。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました