共謀小説家  著:蛭田亜紗子

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




共謀小説家  著:蛭田亜紗子



西洋化の波が押し寄せる明治の世。

小説家を志す十七歳の宮島冬子は、当代一の文学者・尾形柳後雄のもとで女中をしながら執筆に励む。

しかし、男社会の文檀では相手にされず、さらには望まぬ子を身籠もり窮地に立たされる。

そんな冬子に「共謀しないか」と結婚を提案したのは、尾形の弟子・春明だった。

新鋭作家として名を掲げる春明には、どうやら企みがあるようで。

その伴侶は心優しき理解者か、創作に憑かれた鬼か。

切なくも衝撃的な結末が待つ異色の夫婦の物語。



▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました