解夏  著:さだまさし

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




解夏  著:さだまさし
3.0


東京で教師をしていた隆之は、視力を徐々に失っていく病におかされ、職を辞し、母が住む故郷の長崎に帰った。

そこへ東京に残した恋人の陽子がやってくる。

この先の人生を思い悩む隆之。

彼を笑顔で支えようとする陽子。

ある日、二人はお寺で出会った老人から「解夏」の話を聞く。

表題作他、人間の強さと優しさが胸をうつ、感動の小説集。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました