ある日 失わずにすむもの  著:乙川優三郎

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ある日 失わずにすむもの  著:乙川優三郎



ある日、突然に踏みにじられるかけがえのない日々。

夢や、幸せ、明日への希望が砕かれる理不尽な現実を描いた12篇。


「どこか涙のようにひんやりとして」  
NYブロンクスで育った少年がジャズと出会う。

「万年筆と学友」   
貧しい女子学生の淡い恋。

「偉大なホセ」  
ワイン農家のホセが蓄えたすべては。

「ニキータ」
ホテルマンとして築きあげてきたベンの生活が。

「アペーロ」
房総に暮らす男。
夢はアワビの養殖とボサノバ。

「ミスター・パハップス」
恋人は夢想家。
がんにきくという調味料を開発すると金を集め。

「足下に酒瓶」
いい波と酒があれば満足。
サーファーたちの夢。
               



▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました