彼女が最後に見たものは  著:まさきとしか

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




彼女が最後に見たものは  著:まさきとしか



クリスマスイブの夜、新宿区の空きビルの一階で女性の遺体が発見された。

五十代と思われる女性の着衣は乱れ、身元は不明。

警視庁捜査一課の三ツ矢秀平と戸塚警察署の田所岳斗は再びコンビを組み、捜査に当たる。

そして、女性の指紋が、千葉県で男性が刺殺された未解決事件の現場で採取された指紋と一致。

名前は松波郁子、ホームレスだったことが判明する。

予想外の接点で繋がる二つの不可解な事件の真相とは・・・

彼女はなぜ殺されなければならなかったのか。

彼女はなぜホームレスになったのか。

誰も知らない真実が明らかになる瞬間、世界が一転する。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました