ループ・ループ・ループ  著:桐山徹也

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ループ・ループ・ループ  著:桐山徹也



ある朝、僕が目を覚まし、学校へ向かうとどこか見たことがある光景が繰り返されていた。

もしかして、時間がループしている?

しかし僕にはループを引き起こすような特別な出来事は何もない。

きっと僕は、この“物語”の主人公ではない。

“モブキャラ”として、きっと誰かのループに巻き込まれているのだ。

そう考えた僕は、このループを引き起こす人物を探し始める。

すると、他にもこのループに気づいているクラスメイトたちがいて。

新感覚の“巻き込まれ”ループ・ミステリー。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました