乗りかかった船  著:瀧羽麻子

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




乗りかかった船  著:瀧羽麻子
3.5


大学院で機械工学を学んだが入社早々営業に配属された雄平は、待望の異動で人事部に回され。
(「海に出る」)

事業戦略室室長に抜擢された玲子。
責任ある仕事にはりきるものの、未だ男性中心の風潮が強い業界で数々の価値観の相違に直面し。
(「波に挑む」)

創業百周年を迎える中堅の造船会社「北斗造船」で働く人びとの苦悩と奮闘を鮮やかに描く、全七編を収録。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました