抱く女  著:桐野夏生

小説
スポンサーリンク

スポンサーリンク




抱く女  著:桐野夏生



女は男の従属物じゃない。

1972年、東京、吉祥寺。

ジャズ喫茶でアルバイトをする大学生の直子は、傷つけられ、社会へ憤りながら、同時に新左翼とウーマンリブの現状にも疑問を抱いていた。

閉塞感の中、不意に出会ったドラマー志望の男との恋にのめり込んでゆく。

泡のごとき友情。

胸に深く刻んだ死。

彷徨する魂の行方。

まだ何者でもなかった頃のあなたに捧ぐ、永遠の青春小説。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました