世界の端から、歩き出す  著:富良野馨

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




世界の端から、歩き出す  著:富良野馨



京都での出会いが起こした、小さな、確かな奇跡。

就職も決まった短大二回生の秋、篠崎千晴のもとに叔母から奇妙な依頼が舞い込んだ。

ずっと存在を知らされていなかった「叔父」に届けものをしてほしい、というものだった。

戸惑いながらも、千晴はある箱を持って彼を訪ねるが、その中身は。

出逢いが出逢いを呼び、人との縁が人生を確かなものにしてゆく。

孤独な半生を送ってきた千晴が最後に見つけた場所とは。

京都の街が舞台の、涙が頬を伝い、胸が熱くなる再生の物語。



▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました