痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった  著:ケンノジ

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった  著:ケンノジ
3.5


「諒くん、正義の味方みたい」

高校二年生の高森諒は通学途中、満員電車で困っている幼馴染の伏見姫奈を助けることに。

そんな彼女は学校で誰もが認めるS級美少女。

まるで正反対の存在である姫奈とは、中学校から高校まで会話がなかった諒だったが、この件をきっかけになぜだか彼女がアピールしてくるように?

積極的に行動を移す姫奈、それに気づかない諒。

歯がゆくてもどかしい、ため息が漏れるほど甘い、幼馴染とのすれ違いラブコメディ。

本作は幼馴染との恋模様をストレス展開ゼロでお届けする物語です。


▼ 詳しくはこちらから ▼

 
タイトルとURLをコピーしました