毒吐姫と星の石  著:紅玉いづき

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




毒吐姫と星の石  著:紅玉いづき

忌まれた姫と異形の王子の、小さな恋のおとぎばなし。

「星よ落ちろ、光よ消えろ、命よ絶えろ!」

全知の天に運命を委ねる占いの国ヴィオン。

生まれながらにして毒と呪いの言葉を吐き、下町に生きる姫がいた。

星と神の巡りにおいて少女エルザは城に呼び戻され隣国に嫁げと強いられる。

唯一の武器である声を奪われ、胸には星の石ひとつ。

絶望とともに少女が送られたのは聖剣の国レッドアーク。

迎えたのは、異形の四肢を持つ王子だった。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました