ホヅミ先生と茉莉くんと。  著:葉月文

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ホヅミ先生と茉莉くんと。  著:葉月文
3.5


デビューからはや六年。

未だに重版未経験の売れない作家、ホヅミこと空束朔はスランプに陥っていた。

渾身の原稿は全ボツになり、売れ線のラブコメを書いてみないかと担当編集に勧められる始末。

そんな悩めるホヅミの前に、ある日、白花茉莉と名乗る謎の女子高生が現れる。

彼女の協力のもと、夢のミリオン作家を目指しホヅミは再び執筆に励むが・・・

「ホ、ホヅミ先生!これは本当に執筆に必要なことなんでしょうか!?」

コスプレさせたり、デートしたり、買い物をしたり。

積み重ねていく何気ない日々が、二人の距離を近づけていく。

拗らせ作家×世話焼きJKの甘々癒やし系ラブコメ、堂々開幕。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました